―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者

好むと好まざるとにかかわらず、私たちは生活のために、多数の人達と接しなければならない時がある。

スーパーマーケットや電車の中などがその例だが、自分を取り巻く人たちの中に、コロナ感染者もいると思う、しかしどの人が陽性でどの人が陰性なのか見ただけではわからない。

こんな時はできるだけ元気なじいさん、ばあさん(高齢者)に寄り添うほうが無難です。

高齢者はコロナに感染すればひとたまりもない、あっという間に症状が出て、寝込むか、死ぬかする。元気でいるのは感染していない証拠です。

それから、電車などでは、席が空いていても座らない人、こういう人は陰性の確立が高いです。
陽性で気分が悪い人は何とか座ろうとする、無理に座ろうとする人は陽性か、無神経だから陽性になり易い人が多い。

こういう人たちには近づかないほうが無難と思われます。

そもそも、発生の当初から一部の識者達が提唱しているとおり、感染者と非感染者を分けることにより、感染を防ぐことが出来ると思う。

子を増やさないためには、牡と雌を分けて一緒にしなければよい(人工授精は別)。

蜜柑がぎっしり詰まった蜜柑箱の中に1個だけ腐った蜜柑を入れておくと、他の蜜柑がどんどん腐っていく、腐った蜜柑が正常に戻ることはない。感染者(陽性)と非感染者(陰性)を一緒にした場合、陽性が陰性に変わることはない、陰性がどんどん陽性になっていくと思う。陽性と陰性を分けて一緒にしなければこれ以上感染者が増えることはないはずです。全員PCR検査をして陽性者と陰性者をはっきりさせ、陽性者は治療を受けさせて治るまで陰性者と一緒にならないようにして、経済は陰性者のみでまわせばよいと思います。

単純なことだと思うが、これに対して政府はそのための手段を何ら講じていない。

ある程度新型コロナウイルスの正体というか、性質が判ってきたと思っているからだろう。でもそんなに単純なものではあるまい。
おそらく次のように考えているのではないだろうか。(実態は違うと思うが)
1.他国に比べると日本人はかかりにくい。
2.若年層は罹患しにくい。
3.若年、中年層は罹患しても軽くてすむ、重篤者はほとんどいない。
4.罹患者に比して死亡者は少ない。
5.重篤になり、死亡するのはほとんどが高齢者である。
6.自費でPCR検査を受けることが出来ないのは貧困者ばかりだ。
7.高血圧、糖尿病、呼吸器疾患、などの持病があるのは高齢者が多い。
8.高齢者や貧困者は、生産性がない、多少の犠牲はやむを得ない。
9.そのうち、ワクチンや治療薬ができるだろう、それまで待てばよい。

そういわれて見ればそのとおりかもしれない、私などは高齢者であり貧困者でもある。
あと4~5年もすれば、コロナでなくても他の病気(事故)で死ぬ可能性が高い、あまり怒る気にもならない。
今はマスクをつけて歩いているが、そのうち酸素ボンベを引きずって歩いている人たちも目立ってくるのではないだろうか。

日本の総人口は約1億2000万人と言われている。そのうち65歳以上が4000万人、3分の1が高齢者である。(70歳以上は約2715万人と言われている)
人口が増えても領土が増えるわけではない、高齢者がいなくなったくらいの人口が丁度いいのかもしれない、なんて考えていると罪悪意識も無くなってくる。

しかし、毎日一生懸命働いて、ギリギリの生活を維持してきている方々が大勢おられる。

そういう方々の生活はどのような方法で支えていくのか。
また子供(17歳以下)は7人に1人が貧困者だといわれている。ひとり親世帯はほとんどが貧困(相対的貧困)世帯とのことだ。

これらの問題をどう処理していくのか安倍総理の技量が問われる。
安倍のマスクといわれているマスクについても、最終的には安倍総理だろうが、これを進言した者、製作した者達の常識も疑われる。
森・かけ・桜・改竄等々疑惑が多いが、これも取巻きにいい加減な者達が多いからだろう。天に向かって唾をはくようなことは厳に慎まなければならないことだと思う。

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

カテゴリー: マスターの戯言 | ―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者 はコメントを受け付けていません。

災厄の国日本―トップに必要なのは想像力―  

観測以来初めて、50年に一度、70年住んでいるがこんなのは初めて等々毎年こんな科白を聞かされる。又、こんな科白を言わなければならないほど色々な災害に見舞われる。

今年は、新型コロナウイルスに始まって、まだ収束しないうちに第2派襲来の兆候が見られる中、集中豪雨にみまわれ、特に九州地方は甚大な被害を受けている。

まだ梅雨前線が停滞しているとのことで、さらに被害が拡大することが予想される。

梅雨といえば、しとしと、じめじめ、蒸し暑い、という言葉で表現されていたが、いつの間にか集中豪雨、土砂くじれ、河川の氾濫が起こるようになってきている。
避難遅れ、集落の孤立、家屋の破壊、死亡事故の多発、と年中行事のようになってきて、台風の時期になったらどんな災害が起こるのか今から心配になってくる。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 災厄の国日本―トップに必要なのは想像力―   はコメントを受け付けていません。

感染者ゼロ‼「岩手のミステリー」と口裂け女のマスク

令和2年早々急に出現して、忽ち世界を席巻した新型コロナウイルス、どうやら収束に向かったように思えたが、また第2波・第3波はやってくるという説が定着している。

最初の拡散でこれだけ被害を出していながらさらに波状型を繰り返しながら、第2・第3波のコロナウイルスに、どう対処したらいいのか、政府はただ手を洗え、うがいしろ、マスクをつけろ、というばかりで具体的な対策の指示がないのはやはり彼らもどう対処していいのかわからないのだろう。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 感染者ゼロ‼「岩手のミステリー」と口裂け女のマスク はコメントを受け付けていません。

コロナ禍は人災!?助成金申請と社労士の”連帯保証” は?

 東京都は相変わらず新型コロナウイルスが猛威を振るっていて、安倍総理が5月6日まで「緊急事態宣言」を出したが、引き続き5月31にまで延長すると言っていた。だが5月14日現在で39県について「緊急事態宣言」を解除した。都知事は5月6日まで三密と不急不要の外出を避け、ステイホームに徹して自粛生活をするようにと要請されたが5月6日過ぎてもまだ引き続き自粛生活を要求している。

    そもそも新型コレラウイルスの感染に対する対応の仕方がおかしかった。
 感染の勢いが激しかったのにも関わらず、政府の対応がいまいちはっきりしなかった。
 中国の湖北省武漢市で発生したといわれてから、あっという間に世界に広まった。我が国にも感染者が瞬く間に広まった。これに対して国は何ら防御の手を打たなかった。ただ各地の保健所に任せっきりにしていた。感染者がどんどん増加してまず保健所がパンクした。クラスターが始まり病院や養護施設等に集団感染(クラスター)が発生した。それにより病院等の感染者の受け入れる施設が、医療従事者が悲鳴を上げた。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | コロナ禍は人災!?助成金申請と社労士の”連帯保証” は? はコメントを受け付けていません。

新型コロナはマリオネットか?―見えない敵には見えない力で―

~ 落語 「天災」 は、短気な男 八五郎と、心学者 紅羅坊 名丸の話だが、その会話の中で、次のようなくだりがある。

名丸  「だだっ広い原っぱでにわか雨、ずぶ濡れになったら?」
八五郎 「傘をさす」
名丸  「傘は持っていない」
八五郎 「じゃ軒下で雨宿り」
名丸  「四方原っぱで家も木も無い」
八五郎 「・・相手が天じゃ喧嘩は出来ねえ」
名丸  「そういうことだ、だから水をかけられても、瓦が落ちてきても天災と思えば腹も立つまい、すべては天災と諦めるのだ」~

悪魔の仕業か邪悪な神の所業か、中国は武漢に発症したと言われている新型コロナウイルスが、燎原の炎のごとく瞬く間に世界を覆い尽くそうとしている。

現在、我が国でもこの新型コロナが猛威を振るっている。嫌だ、怖い、恐ろしい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 新型コロナはマリオネットか?―見えない敵には見えない力で― はコメントを受け付けていません。

新型コロナ肺炎と安倍首相と亡国-地球も生物が生存出来ない惑星になる-

こんな小話がある。

ある医者の所に、若い者二人がけが人を担ぎこんできた。医者はそれを見て「これは手遅れだな。もっと早くつれてくればよかったのに」と言った。
若い衆は、「でも、今屋根から落ちたばかりですよ。」と、怪訝そうに答えた。
医者は、「落ちる前に連れて来ればよかったんだ。」と言った。

これが、今回の新型コロナウィルスに当てはまる。発生した直後に手を打つべきだった。そこから悲劇が始まった。
続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 新型コロナ肺炎と安倍首相と亡国-地球も生物が生存出来ない惑星になる- はコメントを受け付けていません。

スマホが招くコロナウイルスの恐怖-貴方はもうすでに新型肺炎になっている!?-

新型コロナウイルスによる肺炎が世界を恐怖に落とし込んでいる。
中国の湖北省・武漢市が発生基らしい。
昨年12月頃から発生したらしいが公表するのが遅れ、あっという間に近隣国や交流のある国へ広まってしまった。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | スマホが招くコロナウイルスの恐怖-貴方はもうすでに新型肺炎になっている!?- はコメントを受け付けていません。

必殺仕掛け人の暗躍?核家族に忍び寄る黒い影

核家族というのは、①1組の夫婦のみ、②1組の夫婦とその子供、③片親とその子供、④両親またはどちらかの親(片親)と未婚の兄弟姉妹、で暮らしている(同居している)家族のことをいうらしい。

日本は、家屋の事情もあるのかと思うが、核家族は1920年頃には55%位を占めていたとのことです。それが1960年代に急増し流行語となった。
現在では子供達も大きくなったら親と同居して暮らすのは何かと煩わしい、1人の方が自由に暮らせるというので別居を望み親元を離れて暮らすようになり、①1組の夫婦のみが圧倒的に増加しているという。。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 必殺仕掛け人の暗躍?核家族に忍び寄る黒い影 はコメントを受け付けていません。

―結婚式・葬式・大嘗祭―人間は政治と宗教から逃れられるか

最近身近な方が亡くなられ葬儀(葬式)に参列した。近年葬儀は、簡略化する事が多くなり限られた身内だけで行なう(家族葬)が目立っている。
訃報を受けた時に、本人(喪主)を労るつもりで、生前出来るだけのことはしたのだから葬儀は簡単にしなよ、といったら、「いやそうはいかない、本人の希望もあったし、、、」との事だった。自分達の信仰している宗教に則ってやるのだという。

葬儀は、通夜、告別式、初七日という行事がある。そして参加する方々も、亡くなられた方の親族、喪主の方の親族、そして同一宗教の地区の方々、の3種類?ある。

私は、無宗教、無信心の人間なので、好きな宗教は無いが、特にこの宗教には馴染めない。といって信心している方をどうのこうのというわけでは無いが、こういう方々に囲まれてしまうと、正直戸惑ってしまう。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ―結婚式・葬式・大嘗祭―人間は政治と宗教から逃れられるか はコメントを受け付けていません。

ホルムズ海峡への自衛隊派遣、半端な装備は命取り―夕暮れの蝙蝠―

早ければ来年の1月頃、ホルムズ海峡に自衛隊を派遣する事を検討しているとの事が某新聞に掲載されていた。派遣の根拠となるのは、防衛省設置法第4条「調査・研究」に基づくらしい。
中東、特にペルシャ湾・オマーン湾の海域は各国、人種、宗教等の違いから、何かと争いが絶えないところで、戦争の好きな?国々が関係している。
去る6月13日にこのホルムズ海峡付近で、日本とノルウエーの海運会社が運航するタンカーが襲撃されている。こればかりではないだろうが、アメリカ主導の「有志連合」構想(海洋安全保障イニシアチブ)に参加するように進められたが友好国イランに配慮して断ったとのことです。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ホルムズ海峡への自衛隊派遣、半端な装備は命取り―夕暮れの蝙蝠― はコメントを受け付けていません。