2019年初詣 ―棒縛り―

夜が明けた、新しい朝が来た、外に出てみた、綺麗な青空だった、いつもと変わらない空だった。
でも変わったものがある、西暦が変わった(1年増えた)、年号(元号)が変わった(1年増えた)、私の年齢が変わった、皆新しく変わったが私の年齢だけ1つ古くなった、そして節目の年になりまた1歩死に近づいた。昨夜夢に出てきた親友達はすでに亡くなられた人達ばかりであった。

さてこれから初詣に行こうか(行くことに決めた)特に信心している神仏が無いので毎年困ってしまう。しかも出勤時のターミナル駅のようにどこもかしこも込み合っている、考えただけでもうんざりする。その年の一番最初の難関が初詣だ。今回は少し遠出をしてみようか、遠出といっても普段使用している定期券の範囲内だ、それ以上遠くには行きたくない。最寄の駅は急行、特急等は休日には停まらない、通称中央総武線とかいうのがのろのろ走っている。とりあえずそれに乗ってみた、空いていた、まん前に人がいない席に腰を下ろす、定期券ぎりぎりの駅で降りた。新聞広告の案内では、この駅から神社まで5分とある。改札を出ると右側に参拝の方はこちらという矢印の案内板が出ている。ぞろぞろ人が歩いていく 、監視および案内役のおじさん達があちこち立っている、信号のある交差点を進んだら左側に広く空いた場所がありそこに大勢の善男善女がざっと100人ぐらい並んでいる、”やめた”そのまま戻ってまた駅のホームに立った、体調もあまりよくなかった、最寄り駅まで戻ってきた、この近くにも神社がある、やはり近所で済ませよう、ここも結構有名な神社なのだから。昼近くなって段々人出が多くなり、爺さん、婆さん、中爺、中婆、青年、子供、種々雑多の人間共が、この神社を目指して掃除機に吸い取られる埃の様に参道に吸い込まれてゆく、私もその内の一人として大勢に混じって参道を歩いた。 エドガー・アラン・ポーの「群衆の人」「大海原に続く砂浜の一粒の砂」「大気から見放された見えない埃」某氏曰く、神社(神)とは尊いもの、必ず正装で参拝せよ、男性は紋付き羽織袴、女性は振り袖、黒留袖、参道の中央は歩かぬ事、しかし、そんな人は1人も見当たらない、私とてスーツ姿である。

右手に小さなホールが有り、そこで若い女性が唐傘を開いて踊っている、外に観客用の椅子が並べてあり、、腰かけて観ている人もいるが内容が分かっている人が何人いるか?こんな踊りよりも「狂言」でもやれば良いのに、以前はあった様な気もするが時間帯が違うのかもしれない。そういえば、羽織袴で思い出したが、中学生の頃、学芸会で「棒縛り」を演じたのを思い出した。シテが太郎冠者、アドが主人、コアドが次郎冠者、私はアドを演じた。
閑話休題、奥に行くにつれて歩みが遅くなってひと塊になる 。「横6人で並んでください」整理係のおじさんが叫んでいる、お通夜の焼香の場面を思い出す、そういえば整理係のおじさんは懸衣翁(けんえおう)に似ていないことはない、とすればこの先には奪衣婆(だつえば)がいるのかもしれない、順序が逆になるが・・・待つこと10分位どうやら順番が回ってきた、神殿は、遙か奥に有り誰もが入れないようになっている、これでは参拝者の願いは届くまい。
目の前には大きな賽銭箱がでんと大きなクチを開いて行く手を阻んでいる、型どおり賽銭と柏手、礼、で終わって、帰り道、外に出られない人のために、病気平癒祈願のお守りと厄除けのお守り、おみくじを買って家路についた。帰りはやはり裏通りを歩いてきた。どの家も表玄関と違って裏口のお粗末な事、人っ子一人通らない廃墟の街、墓地を思わせる静けさ、ただ何処の家でも小さな庭先や裏の湿地にも色とりどりの名も知らない花を植えて有り、それらが寒さにもめげず精一杯咲き誇っているのが、沈んだ心を和ませてくれる。

今年はどんな年になる事やら、皆様のご多幸をお祈りします。

”よろしければポチッとお願いいたします。” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 | 2019年初詣 ―棒縛り― はコメントを受け付けていません。

刃物は身体をえぐり、言葉は心をえぐる―ボケッ、が墓穴を掘る―

松本清張氏の小説に、巻頭句の女というのがある。ずいぶん以前に読んだ小説なのでほとんど内容は忘れてしまったが、俳句の同人誌?に何時も最初に掲載されるのでこの呼び名がついたらしい。

これとは全く関係ないのだが、言葉というものは時代の変遷とともにどんどん変化していくらしい。接頭語(辞)接尾語(辞)などもそれ自体は本来無くてもいいものらしいが私達は(私というべきか)何となくごく当たり前につかっている。
接頭語でいうと、例えば「お寺」の「お」、「た易い」の「た」「さし出す」の[さし」などがそれにあたる。
接尾語ならば、「駅長さん」の「さん」「神様」の[様」など枚挙にいとまがない。
又とくに必要がないのに、無言でいるのも何か物足りない、というので交わす挨拶の言葉、やあ、おはよう、こんにちは、寒いですね、暑いですね、等々それがどうしたと言われると答えようがない。
更に他人を誹謗する様な言葉で、接頭、接尾、どちらに付けても可笑しくない言葉もある。バカ、アホ、マヌケ、ボケ、などがその類だ、「バカ!おまえ何するんだ」「おまえ何するんだバカ!」「アホ!何するんだ」「何するんだアホ!」といった様に。
ただ、これらのそしる意味を持つことばでも、バカ丁寧とかアホらしいとか寝ボケたというふうに そしる意味が薄れている使用方法もある。だから深い意味もなく使っている場合が多い。こういう言葉はその時の状態、言葉の強弱、言われる人の受取り方、その時の心理状況によって違ってくる。親しい仲、友人同士、グループ仲間等の中でお互いに軽く接頭語、接尾語として用いるならまあ許せると思うが出来れば使用しないほうがいい。 ましてや初対面の人に対しては絶対に禁句だと思う。

昨年の6月に、神奈川県大井町の東名高速道路で、一家4人が乗ったワゴン車を「あおり運転」で停車させ、そこでもめているところへ大型トラックが追突して、ワゴン車に乗っていた4人のうち夫婦(両親)が死亡した事件で、あおり運転を行なった石橋被告に対して「横浜地裁」は、懲役18年の判決を言い渡した。
もめた原因は、中井PAで休憩していたワゴン車が(乗車していたのは萩山夫妻とその娘2人)PAを出ようとしたとき石橋被告の車が変な止め方をしていて道をふさがれていたので、ワゴン車に乗っていた萩山嘉久氏が車のスライドを開けて「邪魔だ、どけ」と怒鳴ったと同乗していた二女が証言していたという。二女が「お父さんどうしてあんな注意の仕方をしたの、あの人がいい人だったらどうするの?」と聞いたら「あんな車の止め方をするのは悪い人に決まっている」と言ったらしい。「邪魔だ、どけ」が石橋には「邪魔だ,ボケ!」と聞こえたらしい。ムカッとしたがその時は我慢したが、怒りというものは後になればなるほど増幅する事がある。彼はだんだん自分を抑えきれなくなってついに追いかけていったのだろう。まさかトラックに追突されて死者が出るなんて考えても見なかったに違いない。(お亡くなりになられた方々には心よりご冥福をお祈り申上げますとともに、ご遺族の方々に対しましては謹んで哀悼の意を表します)死者にむち打つつもりはありませんが、妻と子供達にかっこいいお父さんを見せたかった者、車に同乗させている女性の前で強い男を演じたかった者、どだい他人に対して怒鳴ったり、横柄な態度をとったり、上から目線でものを言ったりするのが偉い立派な人間だと思い込んでいる人が多いが、心ある人々から見たら全くナンセンスである。この件についてはネット上でもいろんな意見が出ている。横浜地裁の判決が妥当であったか否かはここでは問わない。やはり[あおり運転」撲滅のためのスケープゴートになったことは確かだと思う。本人が納得しなければ最後まで訴訟を行なえばいいと思う。

人間は持って生まれた性格をそう簡単に変えられるものではない。納得しないまま刑に服せば、ただ人を恨み、世を呪う気持ちのまま出所して来て同じようなことを繰り返すだけだ、それではお互い不幸になると思います。よくよく考えさせられる事件であったとおもわなければならない。

今年の漢字は「災」だという。
私的には「狂」だと考える。
森友、加計の問題、公文書の改竄、数を頼んで無理矢理成立させた、改正組織犯罪処罰法、特別秘密保護法、安全保障関連法、カジノ法、改正入管法、働き方改革等々、それに強硬な辺野古埋め立てなど国民の感情をねじ曲げて次々と身勝手な政治を行なっている。又、単純、短絡的な殺人が横行している。かと思えば、高齢者や家庭の主婦などからお金をだまし取る、振り込め詐欺や出資金詐欺などが後を絶たない。海外に目を移せば、宗教と民族の対立から、あちこちで戦火が起こって、これに大国がつけ込み漁夫の利を得ようとあの手この手で干渉してますます混乱させている。難民はどうして受入れる事が出来るか、ではなくて、どうしたら難民を出さないことが出来るかを考慮すべきなのにどこの国もそれを行なおうとしない。自然界では、猛暑、豪雨、豪雪、地震等が頻発して毎年多大な被害を被っている。やがて地球上には生物が住めなくなるのだろう。

人間という動物から、知性(教育)忍耐、謙譲、思慮、分別等が失われて来たのは何時の頃からか。それで皆狂ってしまった。政治も、国民の生活も、人間同士の思いやりも子孫に対する配慮も、未来の夢も、すべて狂ってしまっている。
こんなことを感じる様では一番狂っているのは私かも知れない。

”よろしければポチッとお願いいたします。” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 | 刃物は身体をえぐり、言葉は心をえぐる―ボケッ、が墓穴を掘る― はコメントを受け付けていません。

入管法の改正は「亡国の挙」―軒を貸して母屋を取られる―

 労働者不足が続き、単純作業労働者確保のため、入管法を改正して外国人労働者を確保しようと安倍内閣がやっきになって法改正を行なおうとしている。たぶん経団連などからやいのやいのと言われているのだろう。

深刻な労働力不足で至急外国人労働者を入国させたい気持ちはわからないではない。日本では従来大学教授や弁護士など高度な人材の受入れだけをやってきている。(在留資格・主なものとして、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、人文知識・国際業務、留学・修学等々、これに介護、技能実習がある)この在留資格に、「特定技能」を新たに追加して、来年(2019年)に約4万8千人を受入れる予定だといわれている。「特定技能」とは名ばかりでおそらく単純労働者を増やすだけだろうと思われるが・・。

 この「特定技能」を1号と2号に区分して、1号は最長5年で家族滞同不可、より熟練した2号は、家族帯同可能で在留資格も更新が出来るとのこと、果たして実態は?
 この受入れた人達が、こちら(日本)の思惑どおりに動いてくれれば良いがそうは上手く行かないと思われる。
 すでに日本には約257万人の在留外国人が居住しているとのことです。これ以上外国人を在留させてどうするのだろう。
 現在、技能実習生として在留している方々はどこの国の方が多いですか?。(よく考えて見て下さい)これ等の国の方々が更に「特定技能者」として家族帯同で入国してこられ、更に2号技能者として長期滞在し、永住許可を得ることになるとこの国の方々がねずみ算式に増加して、更に日本人の存在は薄くなってしまうことになります。

 特定外来生物法はご存じの事と思います。又、在留された方々がすべて技能者として活躍していただけるとは限りません。上陸と同時に所在をくらましてしまったり、技能習得中に行方不明になったりする方々も多いと思います。法務省入管局で把握している人達だけで、約6万7千人の不法残留者がいるとのことです。今後もっと増加していくのではないでしょうか。それに外国人もやはり年をとります。将来的に老人が増加していくのです。

 何のためにこの様なことを行なうのか。それは日本国の少子高齢化のために、働き手が少なくなったためです。少子高齢化には色々な事情があると思いますが、この諸事情を解決しなければ今後も少子化は続くことになります。まずどうしてこの現象を解決しようとしないのでしょうか。

 現在日本では、25歳~44歳の方々の完全失業率は6.3%と聞いております。この方々がすぐ全員就業出来る状態では無いと思いますが、少なくともこの半分位の方々は就業出来る状態ではないでしょうか。他国の人々を当てにする前にまず自国で解決をすることを考えるべきかと存じます。大戦敗退後の日本は何かと他国に頼る傾向があるのではないでしょうか?あの焦土から立ち上がって僅か19年でオリンピックを開催するまでになったあの団結力と希望の将来を夢見て努力したことを今一度思い出して下さい。

 今こそ日本は、自他ともが認める独立国にならなければなりません。全国民がこぞって力を合わせ崇高な未来を切り開いて行くときだと存じます。ヘイトを意識しすぎて、内容の良く解らない文章になりました。それだけ隣国、東南アジア諸国に気遣いしなければならない国なのです、よく考えることをお願いします。(=_=)

”よろしければポチッとお願いいたします。” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 | 入管法の改正は「亡国の挙」―軒を貸して母屋を取られる― はコメントを受け付けていません。

過労自殺と裁量労働制の因果関係は?―雁が飛ベば石亀も地団駄―

 最近「働き方改革」なるものがクローズアップされてきている。
 働き方改革関連法の整備に関する法律(平成30年法律第71号)が制定された。
 その目的とするところはいろいろあるが、思うに力を入れているのは、「裁量労働制の適用範囲の拡大」と「同一労働同一賃金」の確立にあると思われます。

 この中で特に問題視されているのが「裁量労働制」です。この制度は実際に労働した時間ではなく、あらかじめ労使協定(協約)で決められた労働時間に基づいて残業代込みの賃金を支払う制度(事前に監督官庁に届出る)です。職種はなんでも良いというものではなく労働基準法第38条の3,38条の4で決められており「専門業務型」と「企画業務型」とがあります。(みなし残業代と違うことに注意) 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 過労自殺と裁量労働制の因果関係は?―雁が飛ベば石亀も地団駄― はコメントを受け付けていません。

介護離職はなぜ増える―卵を産まなくなった鶏は?―

 安倍政権が「介護離職ゼロ」を掲げて施設整備を進めているが、12年調査以来少しも減少していないと某新聞に掲載されていた。どんな政策を進めているのだろうか。

 GDPが増加しているとの事だが、昨今の賃金は総体的に低くなっている。特に大企業と中小企業(零細企業)との差が激しくなっている。両親と子二人の4人家族では、零細企業に勤務している父親一人の賃金だけで生活することは難しい。(全てとは言わないが) 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 介護離職はなぜ増える―卵を産まなくなった鶏は?― はコメントを受け付けていません。

日本の家屋と3匹の子豚 ―我欲を捨て協調の精神を持て―

またもや西日本に集中豪雨があり、土砂崩れや河川の氾濫などによる多くの死亡者と行方不明の犠牲者をだし、多くの家屋が倒壊し道路や田畑など広域にわたって沢山の被害が発生している。気象庁では数十年に一度の重大な災害が予想されるとしている。

 観測史上最大の記録を更新した、と言っているが何かここ数年来毎年同じようなことが語られ、同じような被害が発生している。これからも毎年台風や、豪雨、豪雪に悩まされる事でしょう。

 この現象はすでに地球の形態が変わってしまった事を意味しているのです。日本はもう温暖地域ではなく、亜熱帯区域になっているのです。所詮動物は自然の現象に叶わないのです。自然の変化に対してどの様に対処して行くかを考えなければならないのです。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 日本の家屋と3匹の子豚 ―我欲を捨て協調の精神を持て― はコメントを受け付けていません。

出た卦は 「水雷屯」!どう解する?

 「いやぁーいつものことだけど少しも利益が出なくて困ったよ」とぼやきながらD氏が入ってきて、何時もの止まり木(丸椅子)にちょこんと腰をのせた。
 ここは、情報塾という喫茶店 、店内は左側にカウンターがありそれに添って7つほどの丸椅子が並んでいる。右側には4人掛けのテーブルが4組程等間隔に並べてある。
 奥の方のテーブルには、中年の女性がひとり人待ち顔に座っている。もう一つのテーブルには、若い男女が同じ側の席に座って、運ばれてきた飲み物には目もくれず、何か夢中になって話し込んでいる。マスターは相変わらずカウンターの右側の奥で、静かにグラスを磨いていたが、入ってきたD氏を見ると例の少しはにかんだような笑顔をちらっとむけて、何も言われないのに、馴れた手つきでホットコーヒーを入れるとD氏の前に静かに置いた。
 カウンター席には常連の、F氏、K氏がすでに来ていて自分勝手に決めた自分の椅子にちょこんと座って雑談にふけっていたが、D氏が来たのを見ると雑談をやめてにこにこ顔でそれぞれ会釈をした。
 D氏は、電気工事業で主として電気の配線工事を某大手の工事業者の下請として社員を5~6人抱えている小事業主である。
 F氏「ハハハ相変わらずですな、不景気はいずこも同じですよ」D氏に笑顔を向けながら軽く受け流した。F氏は、某自動車メーカーの部品の一部を製作している4次下請位の製造会社の社長で、すぐ近くに小さな工場あり社員4~5人程で自分も工場で一緒に働いているが、時々抜け出してはこの「情報塾」に息抜きに来ている。
 D氏「Kさんのところは今景気がいいでしょう、近くに工事現場が幾つかあるし、お昼時には大忙しなのではないかな」話しかけられたK氏は、なかなかといった感じで首を振って、「近頃は食材が高騰して来ているし、かといって値上げは出来ないし、忙しいだけで利益はさっぱりですよ」とため息交じりに答えた。K氏はこの近くに小さなレストランを開いるが、レストランといっても、ラーメン、蕎麦、カレーライス、カツ丼等何でもありで「食堂」と言った方が適切かも知れない。お昼時が一番忙しく、夜までの束の間の休憩をこの「情報塾」で過している。

 「それにしても変な世の中になってきたな、全然先行きが見えないよ」又D氏がぼやく。 そこへE氏がやってきた。彼は貨物自動車運送業で、建設現場の残土や廃材等を主として運んでいる。やはり社員7~8名の小さな会社の事業主である。彼は先着の3名に会釈するとやはり自分で決めている(自分の)席に腰を下ろした。マスターはなにも聞かないでE氏の飲み物を作り始めている。
 「本当にDさんのいうとおりですな、運賃の単価は上がらず、ドライバーを募集しても応募は無し、もう廃業かも知れませんね」何となく投げやりな調子で誰にともなくつぶやく。常連の3名は改めて考えるという様にそれぞれうなずいている。
 「国は総理大臣の、森友、加計問題、文書改ざん、元秘書官の虚偽発言等々、国民を無視して自己保身に汲々としている」とF氏がいう。
 「働き方改革とかいって、現行法律の40位を改変するらしいが、我々の商売は雨が降ったら出来ないんだ、机上論では生活は成り立たないよ」D氏がぼやく。

 「外交では、隣国(韓国、北朝鮮、中国)等に先を越され、存在を無視されて何をするにも蚊帳の外、そのうちどこの国からも相手にされなくなるよ」とE氏が憤慨する。

 「食料にしても、自給率は39%位でほとんど輸入に頼っている、こんな状態では各国に足元を見られ、価格をつり上げられるか、自国を優先して輸出しなくなるかも知れないね」K氏は先行きが悲観の材料しかないといった面持ちでいう。

 「我々零細企業はどうなるのかなぁ」全員が打つ手なしといった様に何となくマスターの方を見る。
 マスターは全員の視線を感じ取ると、磨いていたグラスの手を止めて常連の方に目を向け、何時もの少しはにかんだ様な笑みを浮かべると小声で言った。
 「私は久しぶりに昨日「易」を立ててみました」皆は少し驚いた表情で顔を見合わせた。 ここのマスターが博学で国学に詳しく、詩歌、芸能に通じているということは何となく解っていたが、易にも詳しいとは知らなかった、と改めて思ったのである。

 「出た卦は、水雷屯(スイライチュン)でした」これは四大難卦の内の一つです、とマスターは言った。
 「どんな意味があるのですか」とKが聞いた、他の者も固唾をのんでマスターを見つめている。
 「私は易に関しましては、素人の前にドの字がつきます」と照れ笑いしながらマスターはいった。
 「意味というか解釈と言いますか、プロの方々や研究家のあいだでは、色々な解釈があるようですが、周易の起源は自然を配したものと聞いております、ですから文字のとおりに解釈すれば良いのです。これは「水と雷が留まっている」と考えてください。水は、豪雨、河水の氾濫、土砂崩れ、田畑の水害等を引き起こし、雷はそれを助長します。もの凄い雷が轟きゲリラ豪雨が容赦なく襲ってきている事を想像してみてください。これはもう私達がどうあがいても何とかなるものではありません。なまじ動き回れば反って被害が増大します、何処かに身を潜めてじっと雷雨の止むのを待つしかないのです。

 政治は混迷を極め、社会的モラルの崩壊による、殺人、誘拐、詐欺等の犯罪が増加し、団体としてのルールを教えられなかった人達の自己中的な行動等々、この国の秩序は乱れきっているのです。でも雨は必ず止み、雷は必ず収まります。それまでじっと待つのです、他人の行動に釣られて動き回ってはなりません。自己を見失う事なく静かに時期を待つのです。
 必ず機会はやってきます。そのチャンスをのがさず行動してください。くれぐれも付和雷同に注意してください。」

マスターは話し終えると、例の人懐こそうな笑みを浮かべて常連客にうなずくと又、自分の定位置に戻った。皆は何となく気持ちが落ち着いて心が軽くなるのが感じられた。D氏は改めてつくづくとマスターを見やった。何という見識を持った人なのだろう、諸葛を欺き大楠公を走らす才知を持った世が世なら歴史にその名を残す人かも知れない、惜しむらくは天の時を得られなかったか、過去においてもこのマスターの予見は外れた事がなかったように思われた。

「今日は良いことを聞いた、さて戻って社員を帰して晩飯まで又一仕事するか、今日は来た良かったよ」といってF氏は外に出た。
 時刻は夕方の5時を回った頃か、晩春の宵はまだ明るく遙か遠くの山並みから徐々に夕闇が迫って来ていた。明日も又晴れ、そして今日と同じような日が続くだろう、徐々に徐々に向上しながら、、、。

”よろしければポチッとお願いいたします。” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 | 出た卦は 「水雷屯」!どう解する? はコメントを受け付けていません。

国営「年金酒場」と笑ゥせぇるすまん

 現在国会で取沙汰されている、森友学園の土地売買、文書改ざん問題、加計学園の文書問題、自衛隊日報問題等々の陰に隠れて目立たないが、日本年金機構も次から次へと問題が後を絶たない。社保庁時代からの不祥事を時系列に拾い上げることもなかろう。
 社保庁が解体され、2010年(平成22年)から日本年金機構として再出発するも、その体質は変らず不祥事が続いている。(今更内容を列挙することも必要ないと思う)
 ついに同機構は、4月10日原因や委託のあり方を検証する「第三者調査委員会」を設置した、という記事が某新聞に掲載されていた。この委員会で検証してみたところで、長年の体質は変らないと思われる。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 国営「年金酒場」と笑ゥせぇるすまん はコメントを受け付けていません。

ブラック企業が懐かしい―知人、友達、親友―

 金は無い、財産も無い、住む家も無い、事務は出来ない、管理も出来ない、身分も無い、親もいない、親戚づきあいも無い、身体も弱い、人付き合いも悪い、学歴も低い、死にたくも無い。こんな無い無いづくしの人間が真っ当に働いて、普通の人達より多くの生活費を得たいと考えた時、どんな企業を選ぶだろうか。いやどんな企業が従業員として採用してくれるだろうか。たぶん、すべてとはいかないまでも、営業職ならば大概の企業は採用してくれるのではないかと思われる。

 ある男(今後C君と呼ぶ)は、この無い無いづくしの人間で、しかも暇を見ては勉強したり、知人と酒を飲んだり、恋愛の真似事をしたりとやりたい事がおおいので、能力が無いのにもかかわらず、家賃、飲食代、学費、遊興費と出費が多いので生活費が大変で、同年輩の人達より多く賃金がほしかった。そしてC君が最もやりたくない業務は営業だった。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ブラック企業が懐かしい―知人、友達、親友― はコメントを受け付けていません。

通勤災害にも安全配慮義務がある―労働者は生かさぬ様に殺さぬ様に ―

 深夜勤務後バイクで帰宅途中に電柱に衝突して亡くなられた、会社従業員の遺族が、会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした事件で、横浜地裁川崎支部の裁判長は、帰宅途中の事故であっても会社に安全配慮義務があるとした上で、和解するよう説得し、和解が成立したという記事が某新聞に掲載されていた。亡くなられた方及びそのご遺族の方々に対し心から哀悼の意を表します。

 従来、使用者責任が問われるのは、企業(使用者)の指揮命令下にある労働者に対して使用者責任が問われるものであって、企業の指揮命令下から外れる通勤途中の災害(事故)は使用者責任はないとするのが通例だったと思う。

 では、深夜労働は珍しくないこの頃、今回はどうして安全配慮義務を問われたのだろうか。裁判長は和解勧告で次のことを指摘している。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 通勤災害にも安全配慮義務がある―労働者は生かさぬ様に殺さぬ様に ― はコメントを受け付けていません。