国は高年齢者がそれほど疎ましいのか ―高齢者ドライバーは飲酒運転、あおり運転はやらない―

最近高齢者ドライバーの事故が多いとして、高齢者ドライバーに風当たりが強くなってきている。
不幸にしてドライバーの運転ミスにより、重傷を負われた方及び命を落とされた方々並びにご遺族の方々には、心からお悔やみ申上げます。
だいたい年間45万件位の交通事故があるそうです。確かに最近は毎日のように、追突事故や暴走、逆走等の事件が新聞紙上やテレビのニュースで賑わっている様です。
高齢者とは何歳からなのだろうか?「道交法」は70歳からとなっているが、医療関係では前期高齢者が65歳から、後期高齢者は75歳からとなっている。

それでは高齢者が運転免許証を自主返納さえすれば交通事故は無くなるのだろうか?
日本の全人口は約1億2643万人でそのうち65歳以上の高齢者の割合は約28%強となっている。これに対して29年度だけを見れば、交通事故は約49万1千件でその内高齢者がおこした事故は18%強にすぎない。それなのに高齢者ドライバーは危険運転をする、車両運転をさせてはいけない、更新の際試験を難しくして更新させるな、自主返納を進めろ、といった風潮が高まっています。

確かに人間は年齢を重ねると共に、視力、握力、バランス保持等の能力が低下いたします。したがってある程度その辺は本人が自覚して自分自身で判断して処置をするのが必要と思います。事故をおこして他人に損害を与えた場合は、潔くその罪を償っていただきたい。 これは何も高齢者にかぎったことではなく、何人でも罪を犯したら他人に言われるまでもなく進んで定められた方法でその罪を償うことが大切だと思います。

だいたい高齢者が車両を運転しなければならない社会の構造が良くない。高齢者が車両を運転することについて、その身内(配偶者、子供達、孫等)が、もう運転はしないでくださいと何度も言っているのに言うことを聞かなかった、とさかしげに言っているのが目に付くが、免許を返納してからの行動をどうするか考えて返納を進言しているのだろうか。

高齢者に病院通いと買物は必ずついて回る。「貴方が免許を返納したら、病院通いのタクシー代は私があげるわ」とか「親父、免許を返納したら俺が送迎するよ」「タクシー代は俺が払うよ」ぐらいのことを言って返納をすすめてほしい。
私は、72歳の時に自主返納をするため管轄の「運転免許更新センター」へ行った。
更新期日が迫っていたのと、ゴールド免許だったが、運転にはあまり自信が無かったのと、万一運転する機会があって運転したときに、人身事故でも起したら大変だ、という気持ちがあったからだ。
センターに到着して自主返納したい旨を述べ、「運転経歴証明書」を発行してほしいと話すと「そんなものは必要ない、免許証は期限が過ぎればそのまま無効になるからほっておけばいい、それよりも住民基本台帳カードを作りなさい、といって「住民基本台帳カード申込書」を渡された。でも「運転経歴証明書」は身分証明書になるはずですが、といったら、それは「住民基本台帳カード」でも同じだ、といって取り合ってくれなかった。後日談だが、役所で身分証明書として、住基カードを見せてもこれを知る人は少ない様だ、見せると手にとって不思議そうな顔をして奥にもって行き、上司らしい人と話をしてそれから了解する人を見かける。やはり他の地区に居住している方も同様の目に遭ったと聞いている。

今は自分を証明しなければならない事項が増えている(本人確認)。
本人確認として求められるのはほとんどが、「パスポート」「運転免許証」だ。
民間人としては前記の他に、運転経歴証明書、住基カード、宅建取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証、猟銃・空気銃所持休暇証等で、後は全部公務員またはその関係事業の職員証だけ、健康保険証や年金証書などは2~3点もって行かないと用をなさない。ここでも公務員優先主義が目立つ。

話題がそれてしまったが、運転免許証を自主返納した場合は今は色々な特典(経過措置)があるらしいが、地域によってばらばらで統一されていない。やはりこれらの特典は全国で統一すべきである。少なくとも定期通院されている方々はタクシー代を半額にするとか食料品や日用雑貨などは無料配達が望ましい。バスや電車などは無料にするなど運転免許証を自主返納するには、免許証が無くても日常の生活に支障の無い生活が出来る社会にしなければならない。

いたずらに手をこまぬいて成り行きに任せているようでは、今後も悲惨な事故が続くと思われます。

”よろしければポチッとお願いいたします。” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 | 国は高年齢者がそれほど疎ましいのか ―高齢者ドライバーは飲酒運転、あおり運転はやらない― はコメントを受け付けていません。

人材を掘り起こせ! 「カレーライス」-「カレー」=「ライス」と「福神漬」?

在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れが始まった。
我が国では、どの職業分野でも人材不足でとうとう外国人に頼ることにしたらしい。
人材不足分野の中で特に14業種に限って、5年間で約35万人を予定しているらしい。 なお、その中でも介護・看護業務、運送業、建設業、情報業務、飲食(販売)業、の5業種は早急に受入れなければならないといわれている。

はたして政府の思惑どおりにことが運ぶものだろうか?

介護・看護職を例にとっても、要介護・要看護者に通じる言語を覚えなければならない。
続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 人材を掘り起こせ! 「カレーライス」-「カレー」=「ライス」と「福神漬」? はコメントを受け付けていません。

警察官には拳銃を、自衛官には?を―CKNKR包囲網―

1930年代後半(昭和10年頃)我が国を取り巻く、ABCD包囲網(陣)と言われるものがあったとのことです。
A=アメリカ、B=ブリテン(イギリス)、C=チャイナ(中国)、D=ダッチ(オランダ)。これらの国々が、我が国に対しておこなった経済封鎖(貿易制限の総体)といわれております(事実か否か解りません)。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 警察官には拳銃を、自衛官には?を―CKNKR包囲網― はコメントを受け付けていません。

― すべての根源は貧困にある ―  高齢者と乳幼児を抱えた母親が本当に労働を希望しているのか。

少子高齢化が問題になってから久しい、高齢化を防止するには出生率を上げれば良い、出生率を上げれば、高齢率も下がってくるので此方の方も解決することになる。
それならば若い人達が早く結婚して出産すれば良いのだがそれがすんなりとはいかない。社会性も、個人を取り巻く環境も、考え方も大きく変化して来ているからだ。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ― すべての根源は貧困にある ―  高齢者と乳幼児を抱えた母親が本当に労働を希望しているのか。 はコメントを受け付けていません。

2019年初詣 ―棒縛り―

夜が明けた、新しい朝が来た、外に出てみた、綺麗な青空だった、いつもと変わらない空だった。
でも変わったものがある、西暦が変わった(1年増えた)、年号(元号)が変わった(1年増えた)、私の年齢が変わった、皆新しく変わったが私の年齢だけ1つ古くなった、そして節目の年になりまた1歩死に近づいた。昨夜夢に出てきた親友達はすでに亡くなられた人達ばかりであった。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 2019年初詣 ―棒縛り― はコメントを受け付けていません。

刃物は身体をえぐり、言葉は心をえぐる―ボケッ、が墓穴を掘る―

松本清張氏の小説に、巻頭句の女というのがある。ずいぶん以前に読んだ小説なのでほとんど内容は忘れてしまったが、俳句の同人誌?に何時も最初に掲載されるのでこの呼び名がついたらしい。

これとは全く関係ないのだが、言葉というものは時代の変遷とともにどんどん変化していくらしい。接頭語(辞)接尾語(辞)などもそれ自体は本来無くてもいいものらしいが私達は(私というべきか)何となくごく当たり前につかっている。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 刃物は身体をえぐり、言葉は心をえぐる―ボケッ、が墓穴を掘る― はコメントを受け付けていません。

入管法の改正は「亡国の挙」―軒を貸して母屋を取られる―

労働者不足が続き、単純作業労働者確保のため、入管法を改正して外国人労働者を確保しようと安倍内閣がやっきになって法改正を行なおうとしている。たぶん経団連などからやいのやいのと言われているのだろう。

深刻な労働力不足で至急外国人労働者を入国させたい気持ちはわからないではない。日本では従来大学教授や弁護士など高度な人材の受入れだけをやってきている。(在留資格・主なものとして、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、人文知識・国際業務、留学・修学等々、これに介護、技能実習がある)この在留資格に、「特定技能」を新たに追加して、来年(2019年)に約4万8千人を受入れる予定だといわれている。「特定技能」とは名ばかりでおそらく単純労働者を増やすだけだろうと思われるが・・。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 入管法の改正は「亡国の挙」―軒を貸して母屋を取られる― はコメントを受け付けていません。

過労自殺と裁量労働制の因果関係は?―雁が飛ベば石亀も地団駄―

 最近「働き方改革」なるものがクローズアップされてきている。
 働き方改革関連法の整備に関する法律(平成30年法律第71号)が制定された。
 その目的とするところはいろいろあるが、思うに力を入れているのは、「裁量労働制の適用範囲の拡大」と「同一労働同一賃金」の確立にあると思われます。

 この中で特に問題視されているのが「裁量労働制」です。この制度は実際に労働した時間ではなく、あらかじめ労使協定(協約)で決められた労働時間に基づいて残業代込みの賃金を支払う制度(事前に監督官庁に届出る)です。職種はなんでも良いというものではなく労働基準法第38条の3,38条の4で決められており「専門業務型」と「企画業務型」とがあります。(みなし残業代と違うことに注意) 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 過労自殺と裁量労働制の因果関係は?―雁が飛ベば石亀も地団駄― はコメントを受け付けていません。

介護離職はなぜ増える―卵を産まなくなった鶏は?―

 安倍政権が「介護離職ゼロ」を掲げて施設整備を進めているが、12年調査以来少しも減少していないと某新聞に掲載されていた。どんな政策を進めているのだろうか。

 GDPが増加しているとの事だが、昨今の賃金は総体的に低くなっている。特に大企業と中小企業(零細企業)との差が激しくなっている。両親と子二人の4人家族では、零細企業に勤務している父親一人の賃金だけで生活することは難しい。(全てとは言わないが) 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 介護離職はなぜ増える―卵を産まなくなった鶏は?― はコメントを受け付けていません。

日本の家屋と3匹の子豚 ―我欲を捨て協調の精神を持て―

またもや西日本に集中豪雨があり、土砂崩れや河川の氾濫などによる多くの死亡者と行方不明の犠牲者をだし、多くの家屋が倒壊し道路や田畑など広域にわたって沢山の被害が発生している。気象庁では数十年に一度の重大な災害が予想されるとしている。

 観測史上最大の記録を更新した、と言っているが何かここ数年来毎年同じようなことが語られ、同じような被害が発生している。これからも毎年台風や、豪雨、豪雪に悩まされる事でしょう。

 この現象はすでに地球の形態が変わってしまった事を意味しているのです。日本はもう温暖地域ではなく、亜熱帯区域になっているのです。所詮動物は自然の現象に叶わないのです。自然の変化に対してどの様に対処して行くかを考えなければならないのです。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 日本の家屋と3匹の子豚 ―我欲を捨て協調の精神を持て― はコメントを受け付けていません。