病院と警察と軍隊と

猛暑に悩まされた夏が終わりあっという間に立冬が過ぎて、いつの間にか晩秋になってしまった。
新型コロナの第2波とインフルエンザの流行する季節になり、厳しい時期に突入しようとしている。この時節になると高齢者にとっては何か空しさがこみ上げてくる。
「一里塚」を迎える前に届くのが、「年賀欠礼」のハガキが届くのである。特に今年は新型コロナの流行により親友や友達・知人等の交流が制限されているので、つい疎遠になってしまいこの人達の身上が把握出来なくなってきている。どんなに親しくしていても家族ぐるみの交際が無い限り家族は亡くなった本人の交友関係がわからないので、家族は前回届いている年賀状を見てその人が年賀状を準備する前にしらせてくるものと思われる。
今年もすでに何通か届いている。そうか、あの人もついに逝ったか、この方もか、と過ぎた日の出来事を思い出しながら感慨にふけっている今日この頃です。
又、離れている同級生からは、そちらの方に住んでいる同級生の現状をしらせてくる。
A君は、前立腺癌で亡くなった、C君は地元の特養に入っていて亡くなった、K君は認知症で特養に入った等々死亡と認知症の人数が増えてきている。

以前黒澤 明監督の「夢」という映画を見たことがある。8編からなるオムニバスで全体を通して言えることは、自然に逆らわず、目前の利益と便利さだけを求めないこと、悪事にはその報いがあることなどだと思います。
8話目の「水車村」は自然と共存し、無理をせず、他人と旨く協調して生活すれば100歳前後まで天寿を全うできるといいたかったのかもしれません。98歳の女性が亡くなり村中総出で祝う葬儀をするのです。ちなみに笠 智衆演じる老人は103歳の設定です。
表題の、病院、警察、軍隊は本来無くてもいいものなのです。
出生してから、物事に逆らわず自然とあるがままに健康な生活して100歳前後で老衰により天寿を全う出来れば病院はいらないのです。暴力、窃盗、障害、詐欺、恐喝などの犯罪が一切無ければ警察はいらないのです。また国同士のいがみ合いや、領土侵犯、生活必需品などの輸出入の妨害などが無ければ軍隊はいらないのです。

しかし、病院・警察・軍隊を持たない国は無いのです。コスタリカ共和国は軍隊を持たない、とありますが有事には軍を組織出来るとあり8千人もの警察官がおり、装備も軍と同じようにしているとのことです。
理想と現実とは全く違うのです。生まれてから死ぬまで1度も病気にならなかった、怪我もしなかった、病院に行ったことが無いという人はいないと思います、病院(医療機関)無くして私達は健康な日々を送ることが不可能なのです。又、考え方、習慣、欲望の度合等により人間の集まるところには必ず犯罪が起こります、警察も絶対に必要な組織です、さらに、宗教上の争い、文化・民族性の差異、土地・資源の奪い合い、権力者の利害関係、政治的信条の差異等により、戦争は必ず起こるのです。
今は、アフガン戦争、クルド対トルコ戦争、シリア内戦、リビア内戦、イエメン内戦等盛んに行われております。戦争を起こさない、巻き込まれないただ一つの方法は他国に侵略を許さない強力な軍隊を持つ事しかないのです。
国として資源も無ければ他国を侵害する力が無い国ならば、侵略する意味がないし何ら得るものがなければどの国も侵略してくることはないでしょう。
今の国際事情は混沌としてきており、我が国は真の独立国家にならないと危険だということです。日本は極東の島国であり、国土は海に囲まれているため、優れた漁場を持っているし、海底資源も豊富にあります。国民も穏やかで礼儀正しい、優れた技術を持った国民なのです。この国を自国のものにしたい(植民地にしたい)と思っている国は多くあると思います。
経済大国と言われていながら防衛費(軍事費)は少額で国防の意識が薄く同盟国に頼ろうとあたふたしているだけで、多分他国からはおかしな国だと思われているに違いない。
そのために、竹島はお隣の韓国に実効支配され、尖閣諸島は中国が自国のものだと公言し、島周辺の海域を航行している。それだけではない、日本の排他的経済水域内の漁場に中国や北朝鮮の違法操業が急増しているらしい。これに対して水産庁は、日本の漁船に対して入域を自粛するように呼びかけているとのこと、本末転倒もはなはだしい。

同盟国はアメリカだけです、しかし過去において同盟国としての任務を果たしてもらえたでしょうか?そして今大統領選挙であの騒ぎです。大統領候補者もさることながら国民がすでに分裂しているのです。世界に冠たる国があれでは同盟国としてお互いに信頼する事はで来ません。日本は自力で防衛力を増強することが早急に必要です。

拉致問題しかり、北方領土しかり、何も解決していません。香港、台湾等の状況如何によっては日本もターゲットになる可能性があります。その時に協力してくれる国はありません。

新型コロナウイルスの措置すら出来ないこの内閣では期待することは出来ませんが今こそ国民全員が国憂心を強く抱いて有事に備える事が肝要と心得ます。
士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

カテゴリー: マスターの戯言 | 病院と警察と軍隊と はコメントを受け付けていません

”保険料が高すぎる!”―前門の虎 後門の狼―

介護保険料を滞納して督促されても納付するお金が無くて、不動産などを差し押さえられる高齢者が増加していると某新聞に掲載されていた。
介護保険料は40歳以上から納入義務が発生するが、今は大体65歳くらいまでは働く人が多いので、この人達は賃金が支払われるときに天引きされるのであまり問題は無いだろうが、65歳以上の人達は、年金が支払われるときに天引き(特別徴収)されるのですが、これは年金額が年間18万円以上の人達なので、年金額が18万未満の65歳以上の人が主な対象になると思われる。
年金額が18万未満と言うことは、若い時代に働いていても賃金が安くて年金保険料を支払えなかった人達だと思う。そういう人達が無職になって保険料を支払うのはさらに困難になると思います。介護保険法第142条によれば事情によっては減免又は猶予出来ることになっている。
地方自治体が保険者なので、差し押さえること無く利用した場合、1割負担を2割負担や3割負担にするような措置をとる自治体もあるらしい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ”保険料が高すぎる!”―前門の虎 後門の狼― はコメントを受け付けていません

ウスバカゲロウとハイエナ

約8年の長期に及んだ第2次安倍内閣も、安倍総理の潰瘍性大腸炎の悪化により、総理大臣を辞すことになったのは周知のことですが、自民党は安定した政党と言いながらすべて病人に頼ってきていたことになる。他に首相にふさわしい人材がいなかったからだと考える。としたならば、与党も野党も一国のリーダーたるにふさわしい政治家がいなかったことになる。

今一番早急に処置を迫られているのは、新型コロナの感染を防ぎ国民の安定した生活を取り戻す政策だと思う。
安倍総理の後任として、3名の立候補者が名乗りを上げているが、新聞等で見る限り、コロナ対策を掲げているものは一人もいないように思う。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ウスバカゲロウとハイエナ はコメントを受け付けていません

―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者

好むと好まざるとにかかわらず、私たちは生活のために、多数の人達と接しなければならない時がある。

スーパーマーケットや電車の中などがその例だが、自分を取り巻く人たちの中に、コロナ感染者もいると思う、しかしどの人が陽性でどの人が陰性なのか見ただけではわからない。

こんな時はできるだけ元気なじいさん、ばあさん(高齢者)に寄り添うほうが無難です。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者 はコメントを受け付けていません

災厄の国日本―トップに必要なのは想像力―  

観測以来初めて、50年に一度、70年住んでいるがこんなのは初めて等々毎年こんな科白を聞かされる。又、こんな科白を言わなければならないほど色々な災害に見舞われる。

今年は、新型コロナウイルスに始まって、まだ収束しないうちに第2派襲来の兆候が見られる中、集中豪雨にみまわれ、特に九州地方は甚大な被害を受けている。

まだ梅雨前線が停滞しているとのことで、さらに被害が拡大することが予想される。

梅雨といえば、しとしと、じめじめ、蒸し暑い、という言葉で表現されていたが、いつの間にか集中豪雨、土砂くじれ、河川の氾濫が起こるようになってきている。
避難遅れ、集落の孤立、家屋の破壊、死亡事故の多発、と年中行事のようになってきて、台風の時期になったらどんな災害が起こるのか今から心配になってくる。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 災厄の国日本―トップに必要なのは想像力―   はコメントを受け付けていません

感染者ゼロ‼「岩手のミステリー」と口裂け女のマスク

令和2年早々急に出現して、忽ち世界を席巻した新型コロナウイルス、どうやら収束に向かったように思えたが、また第2波・第3波はやってくるという説が定着している。

最初の拡散でこれだけ被害を出していながらさらに波状型を繰り返しながら、第2・第3波のコロナウイルスに、どう対処したらいいのか、政府はただ手を洗え、うがいしろ、マスクをつけろ、というばかりで具体的な対策の指示がないのはやはり彼らもどう対処していいのかわからないのだろう。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 感染者ゼロ‼「岩手のミステリー」と口裂け女のマスク はコメントを受け付けていません

コロナ禍は人災!?助成金申請と社労士の”連帯保証” は?

 東京都は相変わらず新型コロナウイルスが猛威を振るっていて、安倍総理が5月6日まで「緊急事態宣言」を出したが、引き続き5月31にまで延長すると言っていた。だが5月14日現在で39県について「緊急事態宣言」を解除した。都知事は5月6日まで三密と不急不要の外出を避け、ステイホームに徹して自粛生活をするようにと要請されたが5月6日過ぎてもまだ引き続き自粛生活を要求している。

    そもそも新型コレラウイルスの感染に対する対応の仕方がおかしかった。
 感染の勢いが激しかったのにも関わらず、政府の対応がいまいちはっきりしなかった。
 中国の湖北省武漢市で発生したといわれてから、あっという間に世界に広まった。我が国にも感染者が瞬く間に広まった。これに対して国は何ら防御の手を打たなかった。ただ各地の保健所に任せっきりにしていた。感染者がどんどん増加してまず保健所がパンクした。クラスターが始まり病院や養護施設等に集団感染(クラスター)が発生した。それにより病院等の感染者の受け入れる施設が、医療従事者が悲鳴を上げた。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | コロナ禍は人災!?助成金申請と社労士の”連帯保証” は? はコメントを受け付けていません

新型コロナはマリオネットか?―見えない敵には見えない力で―

~ 落語 「天災」 は、短気な男 八五郎と、心学者 紅羅坊 名丸の話だが、その会話の中で、次のようなくだりがある。

名丸  「だだっ広い原っぱでにわか雨、ずぶ濡れになったら?」
八五郎 「傘をさす」
名丸  「傘は持っていない」
八五郎 「じゃ軒下で雨宿り」
名丸  「四方原っぱで家も木も無い」
八五郎 「・・相手が天じゃ喧嘩は出来ねえ」
名丸  「そういうことだ、だから水をかけられても、瓦が落ちてきても天災と思えば腹も立つまい、すべては天災と諦めるのだ」~

悪魔の仕業か邪悪な神の所業か、中国は武漢に発症したと言われている新型コロナウイルスが、燎原の炎のごとく瞬く間に世界を覆い尽くそうとしている。

現在、我が国でもこの新型コロナが猛威を振るっている。嫌だ、怖い、恐ろしい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 新型コロナはマリオネットか?―見えない敵には見えない力で― はコメントを受け付けていません

新型コロナ肺炎と安倍首相と亡国-地球も生物が生存出来ない惑星になる-

こんな小話がある。

ある医者の所に、若い者二人がけが人を担ぎこんできた。医者はそれを見て「これは手遅れだな。もっと早くつれてくればよかったのに」と言った。
若い衆は、「でも、今屋根から落ちたばかりですよ。」と、怪訝そうに答えた。
医者は、「落ちる前に連れて来ればよかったんだ。」と言った。

これが、今回の新型コロナウィルスに当てはまる。発生した直後に手を打つべきだった。そこから悲劇が始まった。
続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 新型コロナ肺炎と安倍首相と亡国-地球も生物が生存出来ない惑星になる- はコメントを受け付けていません

スマホが招くコロナウイルスの恐怖-貴方はもうすでに新型肺炎になっている!?-

新型コロナウイルスによる肺炎が世界を恐怖に落とし込んでいる。
中国の湖北省・武漢市が発生基らしい。
昨年12月頃から発生したらしいが公表するのが遅れ、あっという間に近隣国や交流のある国へ広まってしまった。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | スマホが招くコロナウイルスの恐怖-貴方はもうすでに新型肺炎になっている!?- はコメントを受け付けていません