”百年安心”じゃない老後の生活

金融庁の審議会報告書に、老後の生活費が2000万円不足するという記載ガあったことについて、ああだ、こうだと色々な意見が飛び交い世上が喧しい。
この金融庁の報告書は、国民に不安を生じさせる不適切な表現があった、として親玉の麻生金融相はこの報告書を受け取らないで、無かったことにした、というが一旦外に出たものは無かったことにはならない。
それにしても老後(65歳~)の生活費が果たして2000万円の不足だけで済むだろうか?
夫婦2人暮らしで月額5万5千円不足するという試算がでているらしいが、この世帯の必要な生活費は月額いくら位の見積りなのでしょうか。
現役時代の50%は確保する、ということになっているらしいが、「マクロ経済スライド」なるものを掲げて、100年安心だとのたまう。

これは2003年の総選挙当時、公明党が言い始めたが、そのまま立ち消えしたかに見えたが、また100年安心と言い出している。ところが、前述の報告書がでたら今度は「年金で老後安心して暮らせるとは言っていない、年金制度が100年続くという意味だ」と変って来た。現在年金受給者で年金のみで生活出来ている人は少ないと思います。

特に東京都及びその隣接県等では家賃が高い。自己所有の家でローンを払い終わっている人ならまだしも、ほとんどが賃貸住宅に住んでいるのではないだろうか?、東京都等首都圏では、家賃も物価も何もかも高い、高すぎる。高齢者2人暮しでも1か月の生計費は25万~30万円位かかるだろう。更に高齢者は必ず持病がつきまとう。ご近所、身内、知人、等のお付合いの費用も結構かかる。公務員や大企業の役職だった者、中小企業の役員等でなければ、退職後年金だけで生活するのは困難と思われる。

各種の年金は法律を含めて根本的な改革が必要だと考えます。少なくとも税方式にして一定の年齢になったら誰もが一律に受給出来る様にしなければならないと思います。

2025年には、俗にいう団塊の世代約500万人が75歳に到達するとのことですが
全員が75歳まで生存する事は無いと想います。

因みに厚労省の統計によると、65歳までの生存率が88%、70歳までの生存率が83%、80歳までの生存率が62%、90歳までの生存率が25%となっています。つまり80歳の人は38%亡くなっていることになり、90歳の人は4分の1に減少しているわけです。100歳になると・・・

統計を取ったわけではありませんが、ご逝去の通知を受けるのは、75歳~85歳の方々が一番多い様に思われます。自分自身はどの位置にいるでしょうか。

子育ては、体力のある内に行なわないと大変な苦労が伴います。学費の無償化はナンセンス、本当に勉強したい人は、色々な工夫を凝らして学校へ通います。どこの大学を出たかなんて関係ありません。今の国会議員を見ればよく解ると思います。

これからは、好むと好まざるとにかかわらず、防衛費も増えることになるでしょう。

年金の問題と同時にこれからの国のあり方を大局的に考えていくことが肝要と存じます。

”よろしければポチッとお願いいたします。” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 | ”百年安心”じゃない老後の生活 はコメントを受け付けていません。

国は高年齢者がそれほど疎ましいのか ―高齢者ドライバーは飲酒運転、あおり運転はやらない―

最近高齢者ドライバーの事故が多いとして、高齢者ドライバーに風当たりが強くなってきている。
不幸にしてドライバーの運転ミスにより、重傷を負われた方及び命を落とされた方々並びにご遺族の方々には、心からお悔やみ申上げます。
だいたい年間45万件位の交通事故があるそうです。確かに最近は毎日のように、追突事故や暴走、逆走等の事件が新聞紙上やテレビのニュースで賑わっている様です。
高齢者とは何歳からなのだろうか?「道交法」は70歳からとなっているが、医療関係では前期高齢者が65歳から、後期高齢者は75歳からとなっている。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 国は高年齢者がそれほど疎ましいのか ―高齢者ドライバーは飲酒運転、あおり運転はやらない― はコメントを受け付けていません。

人材を掘り起こせ! 「カレーライス」-「カレー」=「ライス」と「福神漬」?

在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れが始まった。
我が国では、どの職業分野でも人材不足でとうとう外国人に頼ることにしたらしい。
人材不足分野の中で特に14業種に限って、5年間で約35万人を予定しているらしい。 なお、その中でも介護・看護業務、運送業、建設業、情報業務、飲食(販売)業、の5業種は早急に受入れなければならないといわれている。

はたして政府の思惑どおりにことが運ぶものだろうか?

介護・看護職を例にとっても、要介護・要看護者に通じる言語を覚えなければならない。
続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 人材を掘り起こせ! 「カレーライス」-「カレー」=「ライス」と「福神漬」? はコメントを受け付けていません。

警察官には拳銃を、自衛官には?を―CKNKR包囲網―

1930年代後半(昭和10年頃)我が国を取り巻く、ABCD包囲網(陣)と言われるものがあったとのことです。
A=アメリカ、B=ブリテン(イギリス)、C=チャイナ(中国)、D=ダッチ(オランダ)。これらの国々が、我が国に対しておこなった経済封鎖(貿易制限の総体)といわれております(事実か否か解りません)。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 警察官には拳銃を、自衛官には?を―CKNKR包囲網― はコメントを受け付けていません。

― すべての根源は貧困にある ―  高齢者と乳幼児を抱えた母親が本当に労働を希望しているのか。

少子高齢化が問題になってから久しい、高齢化を防止するには出生率を上げれば良い、出生率を上げれば、高齢率も下がってくるので此方の方も解決することになる。
それならば若い人達が早く結婚して出産すれば良いのだがそれがすんなりとはいかない。社会性も、個人を取り巻く環境も、考え方も大きく変化して来ているからだ。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ― すべての根源は貧困にある ―  高齢者と乳幼児を抱えた母親が本当に労働を希望しているのか。 はコメントを受け付けていません。

2019年初詣 ―棒縛り―

夜が明けた、新しい朝が来た、外に出てみた、綺麗な青空だった、いつもと変わらない空だった。
でも変わったものがある、西暦が変わった(1年増えた)、年号(元号)が変わった(1年増えた)、私の年齢が変わった、皆新しく変わったが私の年齢だけ1つ古くなった、そして節目の年になりまた1歩死に近づいた。昨夜夢に出てきた親友達はすでに亡くなられた人達ばかりであった。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 2019年初詣 ―棒縛り― はコメントを受け付けていません。

刃物は身体をえぐり、言葉は心をえぐる―ボケッ、が墓穴を掘る―

松本清張氏の小説に、巻頭句の女というのがある。ずいぶん以前に読んだ小説なのでほとんど内容は忘れてしまったが、俳句の同人誌?に何時も最初に掲載されるのでこの呼び名がついたらしい。

これとは全く関係ないのだが、言葉というものは時代の変遷とともにどんどん変化していくらしい。接頭語(辞)接尾語(辞)などもそれ自体は本来無くてもいいものらしいが私達は(私というべきか)何となくごく当たり前につかっている。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 刃物は身体をえぐり、言葉は心をえぐる―ボケッ、が墓穴を掘る― はコメントを受け付けていません。

入管法の改正は「亡国の挙」―軒を貸して母屋を取られる―

労働者不足が続き、単純作業労働者確保のため、入管法を改正して外国人労働者を確保しようと安倍内閣がやっきになって法改正を行なおうとしている。たぶん経団連などからやいのやいのと言われているのだろう。

深刻な労働力不足で至急外国人労働者を入国させたい気持ちはわからないではない。日本では従来大学教授や弁護士など高度な人材の受入れだけをやってきている。(在留資格・主なものとして、教授、芸術、宗教、報道、投資・経営、法律・会計業務、医療、人文知識・国際業務、留学・修学等々、これに介護、技能実習がある)この在留資格に、「特定技能」を新たに追加して、来年(2019年)に約4万8千人を受入れる予定だといわれている。「特定技能」とは名ばかりでおそらく単純労働者を増やすだけだろうと思われるが・・。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 入管法の改正は「亡国の挙」―軒を貸して母屋を取られる― はコメントを受け付けていません。

過労自殺と裁量労働制の因果関係は?―雁が飛ベば石亀も地団駄―

 最近「働き方改革」なるものがクローズアップされてきている。
 働き方改革関連法の整備に関する法律(平成30年法律第71号)が制定された。
 その目的とするところはいろいろあるが、思うに力を入れているのは、「裁量労働制の適用範囲の拡大」と「同一労働同一賃金」の確立にあると思われます。

 この中で特に問題視されているのが「裁量労働制」です。この制度は実際に労働した時間ではなく、あらかじめ労使協定(協約)で決められた労働時間に基づいて残業代込みの賃金を支払う制度(事前に監督官庁に届出る)です。職種はなんでも良いというものではなく労働基準法第38条の3,38条の4で決められており「専門業務型」と「企画業務型」とがあります。(みなし残業代と違うことに注意) 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 過労自殺と裁量労働制の因果関係は?―雁が飛ベば石亀も地団駄― はコメントを受け付けていません。

介護離職はなぜ増える―卵を産まなくなった鶏は?―

 安倍政権が「介護離職ゼロ」を掲げて施設整備を進めているが、12年調査以来少しも減少していないと某新聞に掲載されていた。どんな政策を進めているのだろうか。

 GDPが増加しているとの事だが、昨今の賃金は総体的に低くなっている。特に大企業と中小企業(零細企業)との差が激しくなっている。両親と子二人の4人家族では、零細企業に勤務している父親一人の賃金だけで生活することは難しい。(全てとは言わないが) 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 介護離職はなぜ増える―卵を産まなくなった鶏は?― はコメントを受け付けていません。