可哀そうな一人暮らしのお爺さん

新型コロナウイルスが猛威を振るっている最中、コロナの感染が確認(陽性)され、自宅療養している一人暮らしの高齢者が孤独死する事が多発している。
多数家族でも、子供が成長して親元を離れていき、ついには両親だけとなり、配偶者のどちらかが亡くなられて一人暮らしを余儀なくされる、離婚して子供と二人暮らしだったが子供が独り立ちして一人暮らしになる、離婚して一人暮らしになる、親元を離れて一人暮らしをする等々、高齢者でなくても一人暮らしをする理由は多くある。

私の知合いに変わった老人(爺)がいる。妻とその妹、子供2人の世帯だが、彼はなぜか家族嫌いで一人暮らしを好んでいる。したがって同じ屋根の下には住まず、同敷地内にある小さなマンションの一室に住んでいる。
高齢だがいまだにある小さな企業に勤務している。その企業では可哀そうなので、仕方なく無理のないように適当な仕事を与えているが、それでもやはり疲れるらしく、夕食だけは奥様に運んで貰っているという。そして休日の前夜と休日は自分で食事を作って食べているとのことだ。

先日偶然にもJRの最寄り駅を降りたところでばったり顔を合わせた。どちらが誘うともなく近くの喫茶店に入って二人ともコーヒーを注文し、改めて顔を見合わせ苦笑を交わす。言葉のつなぎに一人暮らしの様子を聞くと次のようなことが返ってきた。

私は一人暮らしを楽しんでいるよ。暇潰しには読書とテレビが主だけどね、どちらも難しいものはだめだがね、テレビなどはアニメ、陽気なドラマ、本は推理もの、ユーモア物が多いね、頭を空にできるのがいいし休まるよ。

それに勤務先までの通勤もまた面白い。今はコロナウイルスが怖いけど、それを除けば悪くはない。電車内でもスマホなどやらないで、いろんな人を観察できる。人間は哺乳類だから、やはり哺乳動物に似ている人が多いね、豚、猿、キツネ、タヌキ、ブルドッグなど、たまに魚顔も見かける、さすがにホオジロやダイオウイカに似ている人はいないが、以前ニワトリにそっくりな人を見かけたことがある、これ等の人々がいろんな動作をするので、これもまた面白い光景に遭遇できる、退屈しないよ。

しかし、買い物は大変な時がある、最近までは下半身に着る(着ける)ものを、パンツ(猿股)、ズボン下(ステテコ)、ズボンに分かれていたと思ったが、今はすべてがパンツになっている。しかもその前に、チノ、ショート、バミューダ、カプリ、サブリナ等々がつく、何が何だかわからい。又小売店もほとんどない、皆通販らしい、こうなってくるとお手上げだ。他の生活必需品を購入するのも大変なんだ。
自分で料理するのに食材を買わなければならないだろう、コンビニやスーパーに行って購入するのだが、買うのが人参1本とか、魚1パックとか一人前の物ばかりなのですぐ一人暮らしだとわかってしまう。
特に金曜日の夜なんか、スーツ着てカバンもって買い物だろう、お店の店員が気の毒そうな目で見ていることも多々あるよ、でも店員によっては親切な人もいて、レジ係が使うビニールの袋を黙ってかごに入れてくれたり、箸とスプーンを両方入れてくれたりすることがある、人を思いやる心の人達がまだまだいるということだ、まあこの国も捨てたものじゃないさ。
彼は話し終わると冷めかけたコーヒーを飲み干して、満足そうにひっひっひと笑った。私達は店を出て、駅前の交差点で別れ帰宅の途に就いた。

彼は本当に満足しているのだろうか、家に帰るというよりたどり着くという表現のほうが正しいだろう。コロナウイルスが蔓延していて、高齢者の死亡者が毎日増加しているのにまだ仕事に出かけなければならない境遇を、家族はどんな気持ちで見ているのか。彼の同級生は約半数が他界されていて、生存者の中には、特養に入っている者、認知症で介護を受けている者もいるという。

運よくコロナから免れても、どんな死病に取りつかれることやら、先が短いことは間違いない。家路に向かう私の足取りは重かった。

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

カテゴリー: マスターの戯言 | 可哀そうな一人暮らしのお爺さん はコメントを受け付けていません

菅総理と「犯罪者」

ついに、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出された。あとは各地方自治体の長がそれぞれの管轄地域について具体的な策を講じていくことになる。
今回が2回目の緊急事態宣言の発出である。第1回目は2020年4月7日に一部地域で始まり、4月16日に全国的になり、同年5月25日にすべて解除となった。

当時はまだ、新型コロナウイルスがどういう構造で、どういう性質のものかよく解っていなかったのでいろいろ戸惑うことがあったと思う。
でも今では大分その性質も解ってきて変異種なども確認されてきている。
それにも関わらず、毎日感染者が増え続けてきている。だがそれを目の当たりにしながら菅内閣はただ手をこまぬいて放置している。無為無策でなすすべがないのか、それほど無知蒙昧の人達ばかりではないと思いたい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 菅総理と「犯罪者」 はコメントを受け付けていません

菅内閣とゴキブリホイホイ

冬蜂の死にどころなく歩きけり   村上鬼城

冬の到来とともに、殺気立って飛び回っていた蜂の姿も見えなくなってしまった。
蜂は女王蜂以外越冬することなく死に絶えてしまうらしい。
働き蜂は全部雌蜂だとのことです。雄蜂は女王蜂と交尾するだけで働くことはないそうです。でも交尾したら雄蜂は死んでしまうのだそうです。
蟻の世界も同じような構造になっているようです。雄が働くのは人間の世界だけでしょうか。

ゴキブリ(コックローチ)などでもやはり、働きゴキブリ、繁殖ゴキブリなどに区別することが出来るのでしょうか?。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 菅内閣とゴキブリホイホイ はコメントを受け付けていません

病院と警察と軍隊と

猛暑に悩まされた夏が終わりあっという間に立冬が過ぎて、いつの間にか晩秋になってしまった。
新型コロナの第2波とインフルエンザの流行する季節になり、厳しい時期に突入しようとしている。この時節になると高齢者にとっては何か空しさがこみ上げてくる。
「一里塚」を迎える前に届くのが、「年賀欠礼」のハガキが届くのである。特に今年は新型コロナの流行により親友や友達・知人等の交流が制限されているので、つい疎遠になってしまいこの人達の身上が把握出来なくなってきている。どんなに親しくしていても家族ぐるみの交際が無い限り家族は亡くなった本人の交友関係がわからないので、家族は前回届いている年賀状を見てその人が年賀状を準備する前にしらせてくるものと思われる。
今年もすでに何通か届いている。そうか、あの人もついに逝ったか、この方もか、と過ぎた日の出来事を思い出しながら感慨にふけっている今日この頃です。。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 病院と警察と軍隊と はコメントを受け付けていません

”保険料が高すぎる!”―前門の虎 後門の狼―

介護保険料を滞納して督促されても納付するお金が無くて、不動産などを差し押さえられる高齢者が増加していると某新聞に掲載されていた。
介護保険料は40歳以上から納入義務が発生するが、今は大体65歳くらいまでは働く人が多いので、この人達は賃金が支払われるときに天引きされるのであまり問題は無いだろうが、65歳以上の人達は、年金が支払われるときに天引き(特別徴収)されるのですが、これは年金額が年間18万円以上の人達なので、年金額が18万未満の65歳以上の人が主な対象になると思われる。
年金額が18万未満と言うことは、若い時代に働いていても賃金が安くて年金保険料を支払えなかった人達だと思う。そういう人達が無職になって保険料を支払うのはさらに困難になると思います。介護保険法第142条によれば事情によっては減免又は猶予出来ることになっている。
地方自治体が保険者なので、差し押さえること無く利用した場合、1割負担を2割負担や3割負担にするような措置をとる自治体もあるらしい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ”保険料が高すぎる!”―前門の虎 後門の狼― はコメントを受け付けていません

ウスバカゲロウとハイエナ

約8年の長期に及んだ第2次安倍内閣も、安倍総理の潰瘍性大腸炎の悪化により、総理大臣を辞すことになったのは周知のことですが、自民党は安定した政党と言いながらすべて病人に頼ってきていたことになる。他に首相にふさわしい人材がいなかったからだと考える。としたならば、与党も野党も一国のリーダーたるにふさわしい政治家がいなかったことになる。

今一番早急に処置を迫られているのは、新型コロナの感染を防ぎ国民の安定した生活を取り戻す政策だと思う。
安倍総理の後任として、3名の立候補者が名乗りを上げているが、新聞等で見る限り、コロナ対策を掲げているものは一人もいないように思う。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ウスバカゲロウとハイエナ はコメントを受け付けていません

―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者

好むと好まざるとにかかわらず、私たちは生活のために、多数の人達と接しなければならない時がある。

スーパーマーケットや電車の中などがその例だが、自分を取り巻く人たちの中に、コロナ感染者もいると思う、しかしどの人が陽性でどの人が陰性なのか見ただけではわからない。

こんな時はできるだけ元気なじいさん、ばあさん(高齢者)に寄り添うほうが無難です。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者 はコメントを受け付けていません

災厄の国日本―トップに必要なのは想像力―  

観測以来初めて、50年に一度、70年住んでいるがこんなのは初めて等々毎年こんな科白を聞かされる。又、こんな科白を言わなければならないほど色々な災害に見舞われる。

今年は、新型コロナウイルスに始まって、まだ収束しないうちに第2派襲来の兆候が見られる中、集中豪雨にみまわれ、特に九州地方は甚大な被害を受けている。

まだ梅雨前線が停滞しているとのことで、さらに被害が拡大することが予想される。

梅雨といえば、しとしと、じめじめ、蒸し暑い、という言葉で表現されていたが、いつの間にか集中豪雨、土砂くじれ、河川の氾濫が起こるようになってきている。
避難遅れ、集落の孤立、家屋の破壊、死亡事故の多発、と年中行事のようになってきて、台風の時期になったらどんな災害が起こるのか今から心配になってくる。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 災厄の国日本―トップに必要なのは想像力―   はコメントを受け付けていません

感染者ゼロ‼「岩手のミステリー」と口裂け女のマスク

令和2年早々急に出現して、忽ち世界を席巻した新型コロナウイルス、どうやら収束に向かったように思えたが、また第2波・第3波はやってくるという説が定着している。

最初の拡散でこれだけ被害を出していながらさらに波状型を繰り返しながら、第2・第3波のコロナウイルスに、どう対処したらいいのか、政府はただ手を洗え、うがいしろ、マスクをつけろ、というばかりで具体的な対策の指示がないのはやはり彼らもどう対処していいのかわからないのだろう。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 感染者ゼロ‼「岩手のミステリー」と口裂け女のマスク はコメントを受け付けていません

コロナ禍は人災!?助成金申請と社労士の”連帯保証” は?

 東京都は相変わらず新型コロナウイルスが猛威を振るっていて、安倍総理が5月6日まで「緊急事態宣言」を出したが、引き続き5月31にまで延長すると言っていた。だが5月14日現在で39県について「緊急事態宣言」を解除した。都知事は5月6日まで三密と不急不要の外出を避け、ステイホームに徹して自粛生活をするようにと要請されたが5月6日過ぎてもまだ引き続き自粛生活を要求している。

    そもそも新型コレラウイルスの感染に対する対応の仕方がおかしかった。
 感染の勢いが激しかったのにも関わらず、政府の対応がいまいちはっきりしなかった。
 中国の湖北省武漢市で発生したといわれてから、あっという間に世界に広まった。我が国にも感染者が瞬く間に広まった。これに対して国は何ら防御の手を打たなかった。ただ各地の保健所に任せっきりにしていた。感染者がどんどん増加してまず保健所がパンクした。クラスターが始まり病院や養護施設等に集団感染(クラスター)が発生した。それにより病院等の感染者の受け入れる施設が、医療従事者が悲鳴を上げた。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | コロナ禍は人災!?助成金申請と社労士の”連帯保証” は? はコメントを受け付けていません