投稿者「usajii」のアーカイブ

通勤災害にも安全配慮義務がある―労働者は生かさぬ様に殺さぬ様に ―

 深夜勤務後バイクで帰宅途中に電柱に衝突して亡くなられた、会社従業員の遺族が、会社に損害賠償を求めて訴訟を起こした事件で、横浜地裁川崎支部の裁判長は、帰宅途中の事故であっても会社に安全配慮義務があるとした上で、和解するよ … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 通勤災害にも安全配慮義務がある―労働者は生かさぬ様に殺さぬ様に ― はコメントを受け付けていません。

備蓄食料大量廃棄は国の損失 ―賢者は、過去から未来を的確に予測し、愚者は、過去に固執して目先の欲を求める―

 自治体が備蓄する災害用食料が急増し、賞味期限切れを大量破棄しているとかつて某新聞が報じていた。備蓄量が増加した背景には東日本大震災や熊本地震などを受け自治体が被害想定を見直した事が上げられるという。  16年度では、東 … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 備蓄食料大量廃棄は国の損失 ―賢者は、過去から未来を的確に予測し、愚者は、過去に固執して目先の欲を求める― はコメントを受け付けていません。

2018年初詣―人間とは貪欲にして愚かな生物―

 新年の2日は寒かったが晴天だった。先月29日から休日となり5日目だというのに少しも疲れがとれていない感じだった。(元日は?あったのだろうが朝年越しそばの残りを食べ、何時頃かレトルトカレーを食べた記憶しかない、私の新年は … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 2018年初詣―人間とは貪欲にして愚かな生物― はコメントを受け付けていません。

休み方改革が働き方改革を促進する-帰省地獄からの解放-

 今年も残すところ僅かとなり、ほっとする反面、慌ただしさと気ぜわしさが心をせき立てます。毎年の事ながら、いらだたしい年末年始を迎える事になる。  お歳暮商戦に始まって、東京圏以外の東京在住者で郷里に帰って、親孝行、近親者 … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 休み方改革が働き方改革を促進する-帰省地獄からの解放- はコメントを受け付けていません。

命の値段5千万円―貴方支払うことが出来ますか―

パナマ文書、パラダイス文書なるものが流出して、タックスヘイブンがクローズアップされてきている。タックスヘイブンというのはいろんな意味があるらしいが、此処では、「租税回避地」というらしい。世界の小さな島国や殆ど産業が成り立 … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 命の値段5千万円―貴方支払うことが出来ますか― はコメントを受け付けていません。

社会保険料の事業主分が増額?経団連が受諾―会員企業だけではなく一般企業に波及することを懸念する―

 2019年10月に消費税を10%に引き上げ、その増税分で待機児童の解消及び児童の教育無償化等を安倍首相は衆院選で公約してきたが、この度の有識者会議において安倍首相は、試算した結果3000億円不足するので、経済界において … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 社会保険料の事業主分が増額?経団連が受諾―会員企業だけではなく一般企業に波及することを懸念する― はコメントを受け付けていません。

希望が持てない[希望の党」”雌一匹に 群がる牡や 秋寒し” 

 暑い夏もどうやら過ぎ去って、楽しい行楽のシーズンがやって来た。  目に嬉しい紅葉の景色と美味しいものがいっぱいの実りの秋、野に山に出かける人も多いと思います。又来たるべき冬に備えて冬支度に忙しい。これは人間に限った事で … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 希望が持てない[希望の党」”雌一匹に 群がる牡や 秋寒し”  はコメントを受け付けていません。

危うし!日本国―絶対に戦争をしない方法―

平成29年8月29日午前5時58分頃、北朝鮮は弾道ミサイルを発射した。  ミサイルは我が日本の北海道襟裳岬付近の上空を通過して約1,180㎞程の太平洋上に落下した。これは中距離弾道ミサイル(火星12)とのことだが、我が国 … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 危うし!日本国―絶対に戦争をしない方法― はコメントを受け付けていません。

安倍首相とかけて蕎麦屋ととく、その心は―もり・かけの次はきつね・たぬき―

 森友学園・加計学園・自衛隊の南スーダン平和維持活動の日報問題等、国民の不信を招いた諸問題も未解決のまま、第3次安倍改造内閣が8月3日発足した。組閣については「党内の幅広い人材を糾合して、しっかり仕事に専念出来る態勢を整 … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 安倍首相とかけて蕎麦屋ととく、その心は―もり・かけの次はきつね・たぬき― はコメントを受け付けていません。

みにくいアヒルの子と過労死―増える心の病―

 みにくいアヒルの子は、デンマークの 童話作家ハンス・K・アンデルセンの名作としてほとんどの方がご存じだと思います。  あらすじは、アヒルの卵に混じっていた白鳥の卵が、アヒルの雛として孵り、アヒルの雛としては変わっている … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | みにくいアヒルの子と過労死―増える心の病― はコメントを受け付けていません。