月別アーカイブ: 2017年7月

みにくいアヒルの子と過労死―増える心の病―

 みにくいアヒルの子は、デンマークの 童話作家ハンス・K・アンデルセンの名作としてほとんどの方がご存じだと思います。  あらすじは、アヒルの卵に混じっていた白鳥の卵が、アヒルの雛として孵り、アヒルの雛としては変わっている … 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | みにくいアヒルの子と過労死―増える心の病― はコメントを受け付けていません。