警察官には拳銃を、自衛官には?を―CKNKR包囲網―

1930年代後半(昭和10年頃)我が国を取り巻く、ABCD包囲網(陣)と言われるものがあったとのことです。
A=アメリカ、B=ブリテン(イギリス)、C=チャイナ(中国)、D=ダッチ(オランダ)。これらの国々が、我が国に対しておこなった経済封鎖(貿易制限の総体)といわれております(事実か否か解りません)。

閑話休題、我が国で公然と武器を使用できるのは警察官だけです。(全員ではありませんが)自衛官は個人ではなく、自衛隊に許可されている。(その他公安委員会が許可した者等を除く)
どうして警察官だけに許可されているのでしょうか、
それはいうまでもなく、犯罪を未然に防ぎ治安を維持するためにほかなりません。
国民が安心して毎日平和に過ごすには、この様に危険を顧みず武器を使用しなければならない者が必要なのです。
先日某新聞の投書欄に、安倍首相が、「国民は国を守る義務がある」と言い出すのではないかと心配だ」という記事が掲載されていました。協力義務から国民の自衛隊→軍隊→徴兵制に行くのではないかと心配している様です。では国民が自国を守らなくて誰が守るのでしょうか。多数の国民が平和で安心して毎日を過ごすには、しっかりと平和を守る強力な団体が必要なのです。自衛隊にそれを望むなら自衛隊の存在を憲法にきちんと明記して、それを維持するために相応しい訓練と武器が必要だと思います。
個人的にはともかくも、国防という事については安倍首相の言が正しいと思います。
我が国はとかく治安維持に関する認識が甘いといわれているようです。そして何時も弱い者が犠牲になっております。
話は変りますが、防犯意識が薄くその手段も講じないまま、どんどん外国人を入国させてどうするつもりか解りませんが、習慣も、考え方も、環境も、言語も違う人達が増えていった場合、どんな騒動が起こるか想像してみてください。(山手線の某駅付近を歩いて見てください)
このまま外国人が増加していったら、近い将来東京都民は全員伊豆7島に追いやられる事になるかも知れませんよ(-^〇^-)。
国民が真剣に考えなければならないときが来ている様に思われます。

”よろしければポチッとお願いいたします。
” (^.^)

士業ブログランキングへ ☞にほんブログ村 士業ブログへ

人気blogランキングへ ☞

 

カテゴリー: マスターの戯言 パーマリンク