新型コロナ肺炎と安倍首相と亡国-地球も生物が生存出来ない惑星になる-

こんな小話がある。

ある医者の所に、若い者二人がけが人を担ぎこんできた。医者はそれを見て「これは手遅れだな。もっと早くつれてくればよかったのに」と言った。
若い衆は、「でも、今屋根から落ちたばかりですよ。」と、怪訝そうに答えた。
医者は、「落ちる前に連れて来ればよかったんだ。」と言った。

これが、今回の新型コロナウィルスに当てはまる。発生した直後に手を打つべきだった。そこから悲劇が始まった。
続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 新型コロナ肺炎と安倍首相と亡国-地球も生物が生存出来ない惑星になる- はコメントを受け付けていません

スマホが招くコロナウイルスの恐怖-貴方はもうすでに新型肺炎になっている!?-

新型コロナウイルスによる肺炎が世界を恐怖に落とし込んでいる。
中国の湖北省・武漢市が発生基らしい。
昨年12月頃から発生したらしいが公表するのが遅れ、あっという間に近隣国や交流のある国へ広まってしまった。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | スマホが招くコロナウイルスの恐怖-貴方はもうすでに新型肺炎になっている!?- はコメントを受け付けていません

必殺仕掛け人の暗躍?核家族に忍び寄る黒い影

核家族というのは、①1組の夫婦のみ、②1組の夫婦とその子供、③片親とその子供、④両親またはどちらかの親(片親)と未婚の兄弟姉妹、で暮らしている(同居している)家族のことをいうらしい。

日本は、家屋の事情もあるのかと思うが、核家族は1920年頃には55%位を占めていたとのことです。それが1960年代に急増し流行語となった。
現在では子供達も大きくなったら親と同居して暮らすのは何かと煩わしい、1人の方が自由に暮らせるというので別居を望み親元を離れて暮らすようになり、①1組の夫婦のみが圧倒的に増加しているという。。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 必殺仕掛け人の暗躍?核家族に忍び寄る黒い影 はコメントを受け付けていません

―結婚式・葬式・大嘗祭―人間は政治と宗教から逃れられるか

最近身近な方が亡くなられ葬儀(葬式)に参列した。近年葬儀は、簡略化する事が多くなり限られた身内だけで行なう(家族葬)が目立っている。
訃報を受けた時に、本人(喪主)を労るつもりで、生前出来るだけのことはしたのだから葬儀は簡単にしなよ、といったら、「いやそうはいかない、本人の希望もあったし、、、」との事だった。自分達の信仰している宗教に則ってやるのだという。

葬儀は、通夜、告別式、初七日という行事がある。そして参加する方々も、亡くなられた方の親族、喪主の方の親族、そして同一宗教の地区の方々、の3種類?ある。

私は、無宗教、無信心の人間なので、好きな宗教は無いが、特にこの宗教には馴染めない。といって信心している方をどうのこうのというわけでは無いが、こういう方々に囲まれてしまうと、正直戸惑ってしまう。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ―結婚式・葬式・大嘗祭―人間は政治と宗教から逃れられるか はコメントを受け付けていません

ホルムズ海峡への自衛隊派遣、半端な装備は命取り―夕暮れの蝙蝠―

早ければ来年の1月頃、ホルムズ海峡に自衛隊を派遣する事を検討しているとの事が某新聞に掲載されていた。派遣の根拠となるのは、防衛省設置法第4条「調査・研究」に基づくらしい。
中東、特にペルシャ湾・オマーン湾の海域は各国、人種、宗教等の違いから、何かと争いが絶えないところで、戦争の好きな?国々が関係している。
去る6月13日にこのホルムズ海峡付近で、日本とノルウエーの海運会社が運航するタンカーが襲撃されている。こればかりではないだろうが、アメリカ主導の「有志連合」構想(海洋安全保障イニシアチブ)に参加するように進められたが友好国イランに配慮して断ったとのことです。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ホルムズ海峡への自衛隊派遣、半端な装備は命取り―夕暮れの蝙蝠― はコメントを受け付けていません

人間が神に劣るのは、馴れと忘れる習慣があるからだ。 (どう対処する、3大難事・・自然災害・防衛(核兵器)・社会保障)

防災対策基本法第1条は次のとおりになっております。
第1条 この法律は、国土並びに国民の生命、身体及び財産を災害から保護するため、防災に関し、基本理念を定め、国、地方公共団体及びその他の公共機関を通じて必要な体制を確立し、責任の所在を明確にするとともに、防災計画の作成、災害予防、災害応急対策、災害復旧及び防災に関する財政金融措置その他必要な災害対策の基本を定める事により、総合的かつ計画的な防災行政の整備及び推進を図り、もって社会の秩序の維持と公共の福祉の確保に資することを目的とする。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 人間が神に劣るのは、馴れと忘れる習慣があるからだ。 (どう対処する、3大難事・・自然災害・防衛(核兵器)・社会保障) はコメントを受け付けていません

最低賃金はこれでいいのか ―避難民を泥船に乗せて運ぶ ―

今年もまもなく最低賃金の改訂時期がやってくる。まず下がる事はない、引き上げ額をどれ位にするか、中央最低賃金審議会の小委員会では、全国の加重平均で引き上げの目安を決めたらしい。

では、最低賃金はどのようにして決められるのでしょうか?大まかにいうと、厚労省に中央最低賃金審議会というのがあり、ここで決定された金額が、各都道府県の地方最低賃金審議委員会で審議され、その賃金額が、各都道府県の労働局長の判断により、正式に「最低賃金」として決定されることになるらしい。
この目安として全国をAランク、Bランク、Cランク、Dランクの4つに分けて、それぞれ値上げ巾を決めるとのことです。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 最低賃金はこれでいいのか ―避難民を泥船に乗せて運ぶ ― はコメントを受け付けていません

”百年安心”じゃない老後の生活

金融庁の審議会報告書に、老後の生活費が2000万円不足するという記載ガあったことについて、ああだ、こうだと色々な意見が飛び交い世上が喧しい。
この金融庁の報告書は、国民に不安を生じさせる不適切な表現があった、として親玉の麻生金融相はこの報告書を受け取らないで、無かったことにした、というが一旦外に出たものは無かったことにはならない。
それにしても老後(65歳~)の生活費が果たして2000万円の不足だけで済むだろうか? 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ”百年安心”じゃない老後の生活 はコメントを受け付けていません

国は高年齢者がそれほど疎ましいのか ―高齢者ドライバーは飲酒運転、あおり運転はやらない―

最近高齢者ドライバーの事故が多いとして、高齢者ドライバーに風当たりが強くなってきている。
不幸にしてドライバーの運転ミスにより、重傷を負われた方及び命を落とされた方々並びにご遺族の方々には、心からお悔やみ申上げます。
だいたい年間45万件位の交通事故があるそうです。確かに最近は毎日のように、追突事故や暴走、逆走等の事件が新聞紙上やテレビのニュースで賑わっている様です。
高齢者とは何歳からなのだろうか?「道交法」は70歳からとなっているが、医療関係では前期高齢者が65歳から、後期高齢者は75歳からとなっている。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 国は高年齢者がそれほど疎ましいのか ―高齢者ドライバーは飲酒運転、あおり運転はやらない― はコメントを受け付けていません

人材を掘り起こせ! 「カレーライス」-「カレー」=「ライス」と「福神漬」?

在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れが始まった。
我が国では、どの職業分野でも人材不足でとうとう外国人に頼ることにしたらしい。
人材不足分野の中で特に14業種に限って、5年間で約35万人を予定しているらしい。 なお、その中でも介護・看護業務、運送業、建設業、情報業務、飲食(販売)業、の5業種は早急に受入れなければならないといわれている。

はたして政府の思惑どおりにことが運ぶものだろうか?

介護・看護職を例にとっても、要介護・要看護者に通じる言語を覚えなければならない。
続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 人材を掘り起こせ! 「カレーライス」-「カレー」=「ライス」と「福神漬」? はコメントを受け付けていません