新型コロナウイルス禍に想う―滅亡―

2020年1月頃から始まった新型コロナウイルス騒動が、収束のめどが立たずついに第3回目の「緊急事態宣言」が発出された。

とりあえず東京、大阪、京都、兵庫の4都道府県だが、すぐに次々と各県が追従してくるだろう。中国の武漢市から発生したと言われているが、すでに1年半日本国ではどんな方法でこれを防ごうとしてきたのか?、ただ国民に3密(密閉、密集、密接)を避け、マスクをして、手洗いを励行しましょう。又、飲食店は時短営業して夜8時以降の営業はしないでください。等々ひたすら国民の自粛だけを強制して国家(国として)は何をしてきたのだろう。

感染防止の手段を講じなかったために、あっという間に感染者が増加してしまい、感染経路さえ追えなくなってしまっている。それでもまだ掛け声ばかりで感染防止(撲滅)のアクションを起こしていない。感染者の増加で企業は人手不足になり、感染者は苦しみ、医療機関は機能しなくなり、多くの感染者は治療も受けられずにバタバタ死んでいく状況なのに、何等手段を講じずに腕をこまぬいているだけの国会議員達、我が国の議員とはこれほど知能の低い人々の集団だったのか、何ともむなしい。

思うにこの新型コロナウイルスの感染が始まったころ、この感染で死ぬのは高齢者ばかりで、若い人達は感染しても無症状か又は症状が軽くて済む、といわれていたので、「若者は戦場で命を落とし、高齢者は疫病で死ぬ、」この際高齢者だけ亡くなるのなら、医療費が節約できるし、年金を払わなくて済むので一石二鳥だ、と思いそのままにしていたのだと考える。それが変異株という思ってもいなかった事態が生じて、若年層でも感染して命に危険があると解って慌てだしたのだが時すでに遅しというところか。

菅総理は、「自助、共助、公助」を基本として国は最終的に援助すればよい、そのために「生活保護」という制度がある、とのたまっていわば傍観しているようなところがある。
コロナの生活支援策として「持続化給付金」「家賃支給給付金」「雇用調整助成金」など多少の動きがみられるが、そんなものは焼石に水である。

こんなものは、期限を切って短期間に実行することが効果をもたらす。だらだらといつまでも長引かせるものではない。
雇調金(雇用調整助成金)はもう1年は経過しているが、かえって弊害になっている。
労働者の労働意欲を損なうばかりか、経営者の経営能力を鈍らせている。
これまで1カ月間に25日も労働して、しかもある程度時間外労働を行ってやっと30万円位の賃金を得ていたのが、雇調金を受けることで1カ月間18日~20日も出勤すればそれで従来どおりの賃金を得られる、こんな楽なことはない、経営者が仕事が入ったので今度の金曜日出勤してほしいと言ったところ、えー金曜日も仕事するんですか!と従業員にいやな顔をされたという話がある、従来は金曜日は休日ではなかったのだが、コロナで受注が入らず休業していたのが、当然休むものという習慣が身についてしまったということです。又経営者の方も従来はどのように受注を増やすか日夜頭を悩ませていたのが、休業すれば雇調金を受けられるというので無理して仕事を取って来なくても良いという癖がついてしまったらしい。こんな弊害はざらに生じてきている。
他国に比べて感染者が少ない、と言っているがそれは「検査」していないからそうなる。
もっと検査を増やせば、もっともっと感染者の数は増加する。「検査数」「死者数」「重傷者数」「不足病床」「不足医療従事者」等々すべて曖昧だ。

政府の態度がこんな有様だから、多くの国民は全く現状を理解していない。
相変わらず夜の街を知人同士で徘徊して喧噪の中で過ごしている。
「まん延防止等重点措置」も「緊急事態宣言」も唯々国民に自粛を強いるだけだ、こんなことで新型コロナウイルスが終焉するはずがない。今は入院患者の選別をして高齢者は後回しにするとの噂もある。こんなことがいつまで続くのか、この国の国民こそ哀れだ。

人気blogランキングへ ☞

にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

カテゴリー: マスターの戯言 |    新型コロナウイルス禍に想う―滅亡― はコメントを受け付けていません

“求人” ー社会保険労務士を目指している方ー

本業「東都労務行政研究所(社会保険労務士事務所・行政書士事務所)・併設 労働保険事務組合 東都労務研究会」で、求人の募集を行っております。

社会保険労務士を目指す方、社会保険労務士受験生の方、当事務所のホームページを見ていたいただければ業務内容が出ております。(当事務所はまもなく創業45周年を迎えます。顧問先からの信頼も厚く、業務内容には自信を持っております。未経験の方には初歩から全てやさしく丁寧に教えます。長期キャリア形成のため45歳未満の方を対象としております)

残業はありませんし、時間外の飲食やイベント等もありませんので、煩わしい人間関係もありません。
年末年始やお盆、ゴールデンウィーク等もお休みですので、試験勉強、プライベートとの両立が可能です。
代表者が女性のため、女性が実力を発揮できる職場です。

細かい求人内容は、ハローワーク、ヒビコレジョブ等にでておりますので、内容を確認していただき、履歴書と職務経歴書をお送りいただければ、後日当方からご連絡いたします。

ご興味のある方は是非応募して下さい。よろしくお願いいたします。(*^_^*)

人気blogランキングへ ☞

にほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へ

カテゴリー: 求人 | “求人” ー社会保険労務士を目指している方ー はコメントを受け付けていません

菅内閣と死病

日本で新型コロナウイルス感染症が発生してから一年を経過しているが、未だに収束の気配が無いばかりか、更に広がって行くように思われる。
この間政府は何をやっていたのだろうか?
いたずらに国民に対して、自粛を強制し、緊急事態宣言を2度も発出して飲食店に時短営業を要請しただけで、基本的な対策(医療体制の拡充、医療従事者の増員と休憩・休日の確保及び賃金の増額・PCR検査の徹底と陽性者の保護等)の進展が少しもみられない。

又ワクチンの開発についても、先進国を自称するならワクチンなど自国で自国民に安全なワクチンや治療薬を開発するべきだと思う。

日本の製薬会社でも、アンジェス、塩野義製薬、第一三共、武田薬品工業などが参加しているが、いずれも全国民に対応するものではない。いまの政治能力では、とてもSARSやMERSのように抑え込む事はできないだろう。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 菅内閣と死病 はコメントを受け付けていません

可哀そうな一人暮らしのお爺さん

新型コロナウイルスが猛威を振るっている最中、コロナの感染が確認(陽性)され、自宅療養している一人暮らしの高齢者が孤独死する事が多発している。
多数家族でも、子供が成長して親元を離れていき、ついには両親だけとなり、配偶者のどちらかが亡くなられて一人暮らしを余儀なくされる、離婚して子供と二人暮らしだったが子供が独り立ちして一人暮らしになる、離婚して一人暮らしになる、親元を離れて一人暮らしをする等々、高齢者でなくても一人暮らしをする理由は多くある。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 可哀そうな一人暮らしのお爺さん はコメントを受け付けていません

菅総理と「犯罪者」

ついに、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が発出された。あとは各地方自治体の長がそれぞれの管轄地域について具体的な策を講じていくことになる。
今回が2回目の緊急事態宣言の発出である。第1回目は2020年4月7日に一部地域で始まり、4月16日に全国的になり、同年5月25日にすべて解除となった。

当時はまだ、新型コロナウイルスがどういう構造で、どういう性質のものかよく解っていなかったのでいろいろ戸惑うことがあったと思う。
でも今では大分その性質も解ってきて変異種なども確認されてきている。
それにも関わらず、毎日感染者が増え続けてきている。だがそれを目の当たりにしながら菅内閣はただ手をこまぬいて放置している。無為無策でなすすべがないのか、それほど無知蒙昧の人達ばかりではないと思いたい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 菅総理と「犯罪者」 はコメントを受け付けていません

菅内閣とゴキブリホイホイ

冬蜂の死にどころなく歩きけり   村上鬼城

冬の到来とともに、殺気立って飛び回っていた蜂の姿も見えなくなってしまった。
蜂は女王蜂以外越冬することなく死に絶えてしまうらしい。
働き蜂は全部雌蜂だとのことです。雄蜂は女王蜂と交尾するだけで働くことはないそうです。でも交尾したら雄蜂は死んでしまうのだそうです。
蟻の世界も同じような構造になっているようです。雄が働くのは人間の世界だけでしょうか。

ゴキブリ(コックローチ)などでもやはり、働きゴキブリ、繁殖ゴキブリなどに区別することが出来るのでしょうか?。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 菅内閣とゴキブリホイホイ はコメントを受け付けていません

病院と警察と軍隊と

猛暑に悩まされた夏が終わりあっという間に立冬が過ぎて、いつの間にか晩秋になってしまった。
新型コロナの第2波とインフルエンザの流行する季節になり、厳しい時期に突入しようとしている。この時節になると高齢者にとっては何か空しさがこみ上げてくる。
「一里塚」を迎える前に届くのが、「年賀欠礼」のハガキが届くのである。特に今年は新型コロナの流行により親友や友達・知人等の交流が制限されているので、つい疎遠になってしまいこの人達の身上が把握出来なくなってきている。どんなに親しくしていても家族ぐるみの交際が無い限り家族は亡くなった本人の交友関係がわからないので、家族は前回届いている年賀状を見てその人が年賀状を準備する前にしらせてくるものと思われる。
今年もすでに何通か届いている。そうか、あの人もついに逝ったか、この方もか、と過ぎた日の出来事を思い出しながら感慨にふけっている今日この頃です。。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | 病院と警察と軍隊と はコメントを受け付けていません

”保険料が高すぎる!”―前門の虎 後門の狼―

介護保険料を滞納して督促されても納付するお金が無くて、不動産などを差し押さえられる高齢者が増加していると某新聞に掲載されていた。
介護保険料は40歳以上から納入義務が発生するが、今は大体65歳くらいまでは働く人が多いので、この人達は賃金が支払われるときに天引きされるのであまり問題は無いだろうが、65歳以上の人達は、年金が支払われるときに天引き(特別徴収)されるのですが、これは年金額が年間18万円以上の人達なので、年金額が18万未満の65歳以上の人が主な対象になると思われる。
年金額が18万未満と言うことは、若い時代に働いていても賃金が安くて年金保険料を支払えなかった人達だと思う。そういう人達が無職になって保険料を支払うのはさらに困難になると思います。介護保険法第142条によれば事情によっては減免又は猶予出来ることになっている。
地方自治体が保険者なので、差し押さえること無く利用した場合、1割負担を2割負担や3割負担にするような措置をとる自治体もあるらしい。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ”保険料が高すぎる!”―前門の虎 後門の狼― はコメントを受け付けていません

ウスバカゲロウとハイエナ

約8年の長期に及んだ第2次安倍内閣も、安倍総理の潰瘍性大腸炎の悪化により、総理大臣を辞すことになったのは周知のことですが、自民党は安定した政党と言いながらすべて病人に頼ってきていたことになる。他に首相にふさわしい人材がいなかったからだと考える。としたならば、与党も野党も一国のリーダーたるにふさわしい政治家がいなかったことになる。

今一番早急に処置を迫られているのは、新型コロナの感染を防ぎ国民の安定した生活を取り戻す政策だと思う。
安倍総理の後任として、3名の立候補者が名乗りを上げているが、新聞等で見る限り、コロナ対策を掲げているものは一人もいないように思う。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ウスバカゲロウとハイエナ はコメントを受け付けていません

―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者

好むと好まざるとにかかわらず、私たちは生活のために、多数の人達と接しなければならない時がある。

スーパーマーケットや電車の中などがその例だが、自分を取り巻く人たちの中に、コロナ感染者もいると思う、しかしどの人が陽性でどの人が陰性なのか見ただけではわからない。

こんな時はできるだけ元気なじいさん、ばあさん(高齢者)に寄り添うほうが無難です。 続きを読む

カテゴリー: マスターの戯言 | ―陽性者と陰性者の見分け方―新型コロナウイルスの 犠牲者は高齢者と貧困者 はコメントを受け付けていません